バンコク バドミントン ワールドツアー閉幕

バドミントンイメージイベント

HSBC BWF World Tour Super1000

バドミントンの世界大会は2020年3月の全英オープン以来、ほとんどの試合は中止され、バンコク郊外ムアントンターニのImpact(インパクト)エキシビションセンターで2020年シーズンの最後の3つのトーナメントが開催されました。

  • ヨネックス・タイオープ​​ン:1月12日~17日 総額100万ドルの賞金
  • トヨタ・タイオープ​​ン:1月19日~24日 総額100万ドルの賞金
  • HSBC BWFワールドツアーファイナル:1月27日~31日 総額150万ドルの賞金

混合ダブルス タイペアが3連覇

バドミントン・タイオープン

ヨネックス・タイオープ​​ン:1月17日のファイナルでインドネシアペアにスコア2-1で優勝しました。

トヨタ・タイオープ​​ン:1月24日のファイナルで韓国ペアを下して優勝しました。

HSBC BWFワールドツアーファイナル:1月31日のファイナルで韓国ペアを下して優勝しました。タイ(Dechapol PuavaranukrohとSapsiree Taerattanachai)VS 韓国(SEO Seung JaeとCHAE YuJung)21-18、8-21、21-8のゲーム2-1。このタイペアはまた、3回連続のワールドツアースーパー1000クラウンを獲得した最初の混合ダブルペアになりました。

バドミントン・タイオープン

女子ダブルス

韓国(LEE So HeeとSHIN Seung Chan)VS 韓国(KIM So YeongとKONG Hee Yong)、15-21、26-24、21-19でLEEとSHINペアが優勝しました。

男子ダブルス

台湾ペア(LEE YangとWANG Chi-Lin)VS(Mohammad AHSANとHendra SETIAWAN)、21-17、23-21で台湾ペアが優勝。

女子シングル

台湾TAI Tzu Ying VS スペイン Carolina MARIN 、14-21、21-8、21-19で台湾TAIが優勝。

男子シングル

ノルウェーAnders ANTONSEN VSノルウェー Viktor AXELSEN、21-16、5-21、21-17でノルウェーAndersが優勝しました。

コロナ禍の中2週間の免疫隔離の後、3週間にわたり無観客での3トーナメントは無事に閉幕しました。タイの地元開催で混合ダブルスペアが優勝を飾り、成功に終わりました。

コメント