バンコク北西部のドゥシット地区を散策する

公園・橋・宮殿

タイは王国ですのでバンコクには有名な宮殿が多く存在します。その中でも王宮が一番有名です。

バンコクの北西部のドゥシット地区をGoogle Mapで見ていて、スコータイ宮殿と、ウィマーンメーク宮殿を訪れることにしました。

宮殿の下調べもせず、家から15分ほど歩いて12番のバスに乗ってスコータイ宮殿を目指しました。


スコータイ宮殿は、王族の方の住居です。門扉は閉ざされていて、周囲を何ヶ所もポリスが厳重にチェックしています。遠くに見える白亜の建築物は荘厳な雰囲気です。

Sukhothai Rd(スコタイ)通りを西に歩き、Khao Rd(カオ)通りで左折してRatchathewi Rd(ラーチャテーウィー)通りを東へ歩きます。

西に歩くとチャオプラヤ川です。ラーチャテーウィー通りに橋が架かっていますが、車両専用のため、徒歩で渡ることはできません。

ラーチャテーウィー通りを東へ歩きます。途中Tops Marketのモール、Suandust Universityの横を通りながらSoi Uthong Naiを右折します。

ウィマンメーク宮殿は改修工事中のため、中に入ることはできませんでした。

2016年7月から改修工事中のようで、正式にいつから見学に入れるかは発表されていないようです。工事用の塀で覆われているため、眺めることもできません。

ウィマンメーク宮殿はラーマ5世が別荘として建てた宮殿です。チーク材を使用している3階建ての建築物です。チーク材を使用している建築物は世界でも希少価値があるようで、是非見学したいものです。

Soi Uthong NaiのDusit Zoo(ドゥシット動物園)は2018年9月末で閉館になりました。

1938年に開園したドゥシット動物園はタイで一番古い歴史を持ちます。バンコクの近郊パトゥムタニ県で再開業するまでは、動物は移転の準備が整うまで他の動物園に引き取られます。

チラロンコン国王から土地を寄贈された、新しい動物園の敷地面積は現在の3倍の広さになります。

動物園は閉鎖されましたが、建物は残っており、中で働いている人々も見えたので、他の動物園に引き取られず、今も飼育されている動物もいるのかと思います。

動物園の横の池の水も循環されて、綺麗に保たれています。


ウィマンメーク宮殿と隣接する場所にあるMemorial Crowns of the Auspiceも工事用の塀で覆われていて、中に入ることができませんでした。

この建物がある道を歩いてラマ5世記念碑まで行こうとしたのですが、途中で封鎖されていてポリスの指示で、側道を歩きThanon Si Ayutthaya Rd(タノン・アユタヤ)通りに出ました。

今日の散策は終わりにしてバス停まで戻ろうとタノン・アユタヤ通りを西に歩いていると、ラマ5世記念碑の前の広場は、白バイ20台ぐらいが停まっていて、道路も封鎖され、厳戒態勢でした。

ウィマンメーク宮殿の見学はできませんでしたが、Soi Uthong Naiは歩道が広く、街路樹も整備され散策するには適したところです。

▼ウィマンメーク宮殿のMap

コメント