バンコク2021年7月12日(月)から夜間外出禁止令

covit-19イメージ環境

バンコク他9県「ダークレッドゾーン」地域

7月9日(金)午後にCovid-19状況管理センター(CCSA)がバンコク周辺県と南部の県に2週間の「夜間外出禁止令」などの厳しい制限を発表しました。バンコク周辺は4月初旬の第3波、インドで最初に発見されたデルタ株の感染拡大で、南部の4県ではほとんどの場合、南アフリカで最初に検出されたベータ株の感染拡大です。保健省は、デルタ亜種がまもなくタイで支配的になるだろうと述べました。

規制される地域

  • バンコク
  • ノンタブリー
  • パトゥムターニ
  • ナコンパトム
  • サムットプラカーン
  • サムットサコーン
  • ナラティワート
  • パッタニー
  • ヤラー
  • ソンクラー

制限内容

  • 夜間外出禁止令(PM9時~AM4時まで)
  • ショッピングモール・デパートはPM8時に閉店。(スーパーマーケット、金融機関、薬局、レストラン、通信機器販売店、予防接種センターはショッピングセンター内で営業可。)
  • 公共交通機関はPM9時~AM3時まで運行停止。
  • 飲食店はテイクアウトのみでPM8時に閉店。
  • 公園はPM9時に閉鎖。
  • コンビニとナイトマーケットはPM8時~AM4時まで閉店。
  • サロン、スパ、マッサージ店など、感染のリスクがあるすべての店舗の閉鎖。
  • 5人を超える集会は許可されません。(宗教的行事を除く)
  • すべての企業にリモートワークを推奨。
  • ソーシャルディスタンスの厳格なな実施。

CCSAは、封鎖措置はバンコク周辺県に焦点を合わせていて、人々の動きを思いとどまらせるために、すべての県で土曜日からチェックポイントが設置されると述べました。

6月28日以降、すべての労働者キャンプが閉鎖され、飲食店での食事が禁止されたにもかかわらず、新規感染者と重症者が増加し続け、病床数が逼迫する恐れもあり今回の措置が発表されました。

経済界の反応

タイ商工会議所のサナン・アングボルクル会長は、昨年の第1波で起こったように、新型コロナウイルスの蔓延を抑制するための全国的な制限に同意しないと述べた。深刻な発生のある県に対してより厳格な措置を導入する一方で、できるだけ多くの人々への集団予防接種をスピードアップすることを提案しました。

首相官邸の前大臣で、バンコク銀行の上級副社長は、より厳しい規制の実施が遅れると混乱が生じ、タイ経済に甚大な被害をもたらす可能性があり、高リスク地域での新しい移動規制とより厳しい制限を支持し、感染の拡大を封じ込めるために不可欠であると述べました。

また全国の人々が第4四半期までにワクチン接種を受ければ、彼らは通常の生活と消費を再開することができ、来年初めまでに景気回復すると述べました。

バンコクのここ数日の感染者の増加には厳しい規制が必要です。昨年のロックダウンほどではないので、ステイホームを心掛け、外出は食料品の買い物ぐらいですね。

コメント