バンコク 夜間外出禁止令により公共交通は大幅に削減

バンコクゴールドライン電車・車

2021年7月11日~25日までの2週間

PM9時~AM4時の夜間外出禁止令は、バンコクと周辺のノンタブリー、パトゥムターニー、ナコンパトム、サムットプラカン、サムットサーコーンの6県と南部のナラティワート、パタニ、ソンクラー、ヤラの4県の計10県に発令されています。

バンコク大量輸送公社(BMTA)

メガバンナーのバスターミナル

バンコク大量輸送公社(BMTA)はバスの運行時間をAM5時~PM9時の間に短縮し、PM9時からAM4時の夜間外出禁止令に準拠する予定です。バスは数ルートが24時間運行、PM11時半ぐらいまでは運行しています。

長距離バスのトランスポート社

トランスポート社は最新のCovid-19の制限に従って、南部地域へのすべてのバスサービスは、旅行制限に準拠するため追って通知があるまで停止します。

北部地域へのバスサービスは、バンコクからクロンラン、ロムサック、ウタラディットへの3つのルートに削減されました。

東北部と東部へのバスサービスも10路線に削減されました。バンコクからノンブアランプー、ナコンパノム、チェンカーン、スリン、ブリラム、ウボンラチャターニ、ムクダーハーン、ラタナブリ、トラート、サラブリまでです。

1日5往復のバンコク~サラブリルートを除いて、1日1ルートにつき1往復が利用可能です。

バンコクの鉄道システム

バンコクBTS車両

バンコクの鉄道システムは、夜間外出禁止令が始まる7月12日からPM9時までに毎日の運行を終了します。

  • BTS:スクンビットライン(AM5:15~PM9:00)、シーロムライン(AM5:30~PM9:00)、ゴールドライン(AM6:00~PM9:00)、BRT(AM6:00~PM9:00)
  • MRT:ブルーライン(AM6:00~PM9:00)、パープルライン(AM5:30~PM9:00)終電はPM9時に目的地に到着。
  • Airport Rail Link:(AM5:15~PM9:00)

バンコクに88の検問所を設置

タイ王国軍(RTAF)の最高司令官は、部分的な封鎖に対応するためにバンコクに88の検問所を設置するよう命じ、さらに22の検問所を周辺の県に、35の検問所を南部の4つの国境県に設置しました。国防省のスポークスマンは、兵士、警察、行政官からなる治安部隊が土曜日の早朝にダークレッドゾーンの県の保安検査場に配備されました。

夜間外出禁止令中に許可

医療の理由で移動することは、患者とその世話人の両方に許可されています。

商品、食品、医薬品、農産物、燃料、手紙、小包の輸送など、その他の重要な活動も許可されます。

移動する必要がある労働者は、夜間外出禁止令に従って、チェックポイントで警備員に移動許可されているIDカードと文書を提示する必要があります。

一方、ワクチン接種などの特定の理由でダークレッドゾーン10県への移動は引き続き許可されます。

コメント