タイでは2月19日はマカブーチャ(万仏節)です

イベント

タイでは2月19日はマカブーチャ(万仏節)で祝日です。

マカブーチャは仏教の祝祭日のひとつで、陰暦3月の満月の夜に祝われます。タイの他カンボジアも祝日で、ラオス、ミャンマーなどでも祝われています。

マカブーチャとは

ブッダが入滅する3ヶ月前の陰暦3月にウェールワン寺院を訪れました。

その時1,250人の弟子達は何の事前の知らせもなく集結し、ブッタが具足戒(出家した修行者が遵守すべき戒のこと)を与え、悟りを得ました。偶然弟子達が集結した奇跡をお祝いする記念日です。

タイでは、人々は夕方から夜にかけて寺院へタンブン(徳を積む)に出かけます。

寺院で僧侶の説法を聞き、ロウソクと花、線香を本堂の前でいただき、ロウソクと線香に火をともして手に持ち、お祈りをしながら本堂を時計回りに3巡します。

先日、イーサン地方に旅行に行った時も、メコン川沿いにあるWat Phra That Phanom(プラタート・パノム寺院)でタイの友人はロウソクと花、線香を持って、時計回りに3巡してお祈りをしていました。

タイの人々は信仰心が本当に厚いですから、よく寺院にお参りに行きます。

今日の満月は日本ではスーパームーンが見られるとあったので、タイでもスーパームーンかどうか確認したいと思っています。満月は人々を引き付ける何かがありますね。

マカブーチャ(万仏節)は禁酒日(酒類の販売は禁止)

スーパー、コンビニ、レストランなどでは酒類の販売が禁止となります。酒売場には上記の画像の様に、販売が禁止の案内が貼られています。

事前に購入していた酒類を自宅やホテルの部屋などでプライベートで飲むことは可能です。

この日は、タイの習慣にならい、寺院へお参りするのも良いかもしれません。

私は寺院に行くどころか、徒歩で行けるTalat Rotfai Ratchada(タラート・ロットファイ・ラチャダ)ナイトマーケットに行きました。実際ナイトマーケットでも酒類の販売は禁止しているのかを確認するために。


観光客も多いバンコクで1番人気のナイトマーケットです。いつもと同じような賑わいを見せていましたが、奥にあるバーエリアはお店がすべてクローズでした。

海鮮料理のお店では、皆さん水かコーラ。入口近くのカフェバーは開いていましたが、もちろん酒類の販売は禁止なので、コーヒー、ジュース類です。

さすがに法律は守られています。タイのブッダに関する祝日はマカブーチャ(万仏節)だけではなく、5月18日の ウィサカブーチャ(仏誕節)、7月16日アサラハブーチャ(三宝祭)、7月17日カオパンサー(入安居)などがありますが、すべて酒類の販売は禁止です。

満月の月を見上げましたが、いつもよりくっきりと見えました。

コメント