バンコク ヴィエンナーレ2020 River Cityに行く

バンコクのリバーシティ美術館・アート

バンコク アート・ビエンナーレ2020の5回目の訪問

2020は10月29日にスタートしたバンコクビエンナーレ2020の今回の訪問先はRiver City(リバーシティ)です。River Cityはチャオプラヤ川に面していて、対岸にアイコンサイアムが見えます。

River Cityの行き方

BTS Saphan Taksin(サパンタクシン駅)下車、水上ボートで4つ目のSi Phraya Ferry Pierで降りるとすぐです。MRT Hua Lamphong(ファランポーン)駅下車、運河沿いのMahaphruttharam Rdを南に歩き、Charoen Krung Rdと交差するところで右折し運河を渡ります。Soi Rong Nam Khaeng 1を左折し真っ直ぐ進むとRiver Cityに着きます。徒歩で15分ぐらい。

ビエンナーレ

ビエンナーレのHPにはRiver Cityの紹介があり、アート作品10点が1F・2Fに展示とありましたが、BABの看板も設置されておらず、ビエンナーレの作品展示はありませんでした。River Cityはギャラリー、アートショップが多いショッピングセンターで、2FでTHE IMPRESSIONISTSの展示が開催されていました。

THE IMPRESSIONISTS

バンコクのリバーシティ

印象派の作品展のイメージで350THBの入場券を支払いました。

バンコクのリバーシティ

パリの室内のイメージで設定されています。カフェのイメージの造作も設置されていました。展示されている絵画は複写ですが、印象派のルノワール、モネ、ロートレック、ゴーギャンなど数多くの作品を見ることができます。

バンコクのリバーシティ

ルノワールの作品がタイ語と英語で説明がされています。パリ、オルセー美術館所蔵の作品です。多くの作品が展示されています。実際オルセー美術館ニューヨークのMOMA(近代美術館)の本物の作品とは迫力が違いますが、印象派が好きな人にとっては多くの作品が見れるチャンスです。

プロジェクションマッピング

バンコクのリバーシティ

作品が展示されている奥にプロジェクションマッピングのスペースがあります。4ブースあり作品が次々とクラシック音楽とともに現れ、消えていきます。印象派の作品を映像で見ることは新鮮でした。1時間近くぼーっと見ていました。

BABビエンナーレは終了していたようですが、思わぬ展示会を見ることができました。

River CityのMap

コメント