2022 AFC女子アジアカップがインドで開催中

バンコクのラジャマンガラスタジアムでタイ代表の試合サッカー

2023 FIFA女子ワールドカップの予選も兼ねた大会

2022年1月20日~2月6日まで、第20回目のAFC女子アジアカップが開催中です。この大会は2023 FIFA女子ワールドカップの予選も兼ねていて、開催地枠で出場できるオーストラリアを除いたチームのうち上位5チームが本大会出場権を獲得、それに次ぐ2チームが大陸間プレーオフに進出します。

今大会より本大会出場チーム数が8から12に拡大、開催時期は、当初は2022年10月の終わり~11月の予定でしたが、コロナパンデミックの影響でずれ込みました。開催地の立候補はチャイニーズタイペイ、インド、ウズベキスタンの3協会が立候補をして、インドに決定しました。

グループステージ

グループA

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1中国6220011
2チャイニーズ・タイペイ321011
3イラン02002-12
4インド000000

AFC女子アジアカップ・インド2022から開催国インドが撤退することが発表されました。23日に開催予定だったグループA第2節のインド女子代表vsチャイニーズ・タイペイ女子代表が中止。インドが新型コロナウイルスや負傷の影響により、試合開催に必要な13名を選手としてエントリーできず不成立となりました。

インドのすべての試合は無効となり、グループAは中国女子代表、イラン女子代表、チャイニーズ・タイペイの3ヶ国で争われることになりました。この結果を受け、中国の決勝トーナメント進出が決まりました。

グループB

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1オーストラリア9330023
2フィリピン632013
3タイ331022
4インドネシア03003-28

●1月21日 タイ 0-1 フィリピン
●1月24日 タイ 4-0 フィリピン
タイはグループステージ2試合を終わって1勝1敗です。最終戦は強豪オーストラリアです。

グループC

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1日本732108
2韓国732105
3ベトナム13012-6
4ミャンマー13012-7

●1月21日 日本 5-0 ミャンマー
●1月24日 ベトナム 0-3 日本
最終戦が韓国戦です。

レギュレーションの変更

グループA~Cの各組上位2カ国が決勝トーナメントにストレートイン。3位のチームのうち成績上位2カ国もグループを突破できるレギュレーションでした。しかし、インドが撤退したために各グループ3位の成績決定方式も変更になり、グループBとグループCにおいて1~3位までのチームは、最終的に4位となったチームとの試合結果とゴール数がカウントされないことになりました。

コメント