タイ バンコク含む11県に洪水の警告

バンコクの雨季天候

2022年9月5日・6日にチャオプラヤ川流域に洪水の可能性

王立灌漑局(RID)の副局長は、タイ北部での大雨により、大量の水がチャイナート県のチャオプラヤダムの貯水池に流入する割合が増加していると述べました。9月1日から6日までの間、被害を最小限に抑えるためにダムの排水を管理したいと考えています。

1日の朝、ナコンサワンの給水所は、チャオプラヤ川の流れを毎秒1,846㎥測定し、チャイナートのチャオプラヤーダムでの流量は、1,678㎥/秒と測定されました。上流域からダムに流入する流量は、今後数日間で毎秒 2,100~2,200m3に達すると予想されます。

排水量の制限

王立灌漑局は、副首相が議長を務める水管理委員会によって設定された基準の下で、排水量を2,000㎥/秒以下に抑えることを決定しました。この排出率は、コミュニティや農業地域への影響を軽減します。水は、日曜日から1,800~2,000 m㎥の間でダムを通して排出されます。これにより、下流域の水位が上昇します。

洪水の影響を受けやすい地域

アーン トン県のフォンペン運河に隣接した地域。アユタヤのバンバン運河、セナ、パクハイ地区は水位は5日と6日に現在のレベルから40~50センチメートル上昇すると予想されています。北部からの水の流出量が増加すると、チャオプラヤダムへの流入量は 2,000 立方 メートルを超えます。

ウタイターニー、チャイナット、シンブリー、アーントーン、スパンブリ 一、アユタヤ、ロッブリー、パトゥムターニー、ノンタブリー、サムット プラカーン、バンコクの11の県で警戒を怠らないようにする必要があります。チャオプラヤ川とノイ川の両岸に住む人々も、状況を注意深く監視するように警告されています。

2022年9月1日~7日の天気予報

9月1日から3日にかけて、モンスーンの谷がミャンマー北部を横切り、北部がベトナム北部の低気圧に覆われ、弱い南西モンスーンがアンダマン海、タイランド湾に広がります。全国的に大雨が予想。

9月4~7日には、モンスーンの谷が北部、北東部、中央部、東部を横切ります。一方、アンダマン海、南部、タイランド湾に広がる穏やかな南西モンスーンが強まります。全国的に、大雨から豪雨が予測されています。台風「HINNAMNOR」は、タイに影響を与えることなく、韓国と日本の南に移動すると予測されています。

北部

9月1~3日の間:雷雨と大雨。南西の風は時速10~20kmです。
9月4~7日の間:かなり広範囲で雷雨。一部地域で大雨。南西の風は時速10~25kmです。最低気温22~27度、最高気温30~37度。

東北部

9月2~3日の間:雷雨と大雨。南西の風は時速10~20 kmです。
9月4~7日の間:かなり広範囲で雷雨。一部地域で大雨または豪雨。南西の風は時10~25 kmです。最低気温22~27度、最高気温29~36度。

中央部

9月1~3日の間:一部地域で雷雨。南西の風は時速10~20kmです。
9月4~7の間:かなり広範囲に雷雨。一部地域で大雨または豪雨。南西の風は時速10~25kmです。最低気温22~27度、最高気温31~37度。

東部

9月1~3日の間:かなり広範囲に雷雨。一部地域で豪雨。 南西の風は時速15~30kmです。波の高さは約1メートル、雷雨で1メートル以上。

9月4~7日の間:かなり広範囲に雷雨。一部地域で大雨または豪雨。南西の風は時速20~35kmです。波の高さ約2メートル、雷雨で2メートル以上。最低気温23~28度、最高気温29~36度。

南部(東海岸)

9月1~3日の間:雷雨。南西の風は時速15~30 km。波の高さは雷雨では1~2メートル。
9月4~7日の間:一部地域で雷雨。かなり広範囲に大雨。南西の風は時速15~35kmです。波の高さ1~2メートル、雷雨時で2メートル程度。最低気温22~27度、最高気温31~36度。

南部(西海岸)

9月1~3日の間:かなり広範囲に雷雨。一部地域で豪雨。南西の風は時速15~30kmです。波の高さ約1メートル、雷雨で1メートル以上。
9月4~7日の間 かなり広範囲に雷雨。一部地域で豪雨。南西の風は時速20~35km。波の高さ約2メートル、雷雨で2メートル以上。最低気温23~2度、最高気温30~36度。

バンコク

バンコクの天気

9月1~3日の間:雷雨と大雨。南西の風は時速10~20kmです。
9月4~7日の間:かなり広範囲に雷雨。一部地域で豪雨。南西の風は時速10~25kmです。最低気温24~28度、最高気温32~36度。

コメント