バンコク タクシー料金が8年ぶりに値上げ

バンコクのドンムアン空港電車・車

2023年1月13日から料金値上げ

政府は、バンコクのタクシーの新しい料金を承認しました。バンコク、サムットプラカーン、ノンタブリーで登録されている小型および大型タクシーの運賃を公式に値上げしました。 2014年12月13日に値上げして以来、8年ぶりになります。新しい運賃は、初乗り(1km)一般車:35バーツ、大型車:40バーツになりますが、一般車は35バーツのまま据え置きです。

プラユット首相はタクシー運転手がエネルギーおよび燃料価格の上昇の状況の中で、生活費の上昇に苦しんでいる人々のグループと見なされていることを認めています。また、より多くの費用がかかる可能性のあるタクシーを利用する人々についても懸念していて、関連機関に、運賃値上げの影響を監視するよう指示しました。

距離に応じた加算額

  • 最初の1km 40バーツ(大型車)、35バーツ(一般車)
  • 1km~10kmの距離:1kmあたり6.5バーツ
  • 10km~20kmの距離:1kmあたり7バーツ
  • 20km~40kmの距離:1kmあたり8バーツ
  • 40km~60kmの距離:1kmあたり8.5バーツ
  • 60km~ 80kmの距離:1kmあたり9バーツ
  • 80km以上の距離:1kmあたり10.5 バーツ。

時間に応じた加算額 速度6km以下

車両が移動できない、または時速6キロ以上で走行できない場合、 通信サービスセンターまたは電子通信システムを介している場合、料金は1分あたり 3.00 バーツです。

その他のサービス

通信センター経由で呼ばれるタクシーは、サービス料としてさらに20バ ーツを請求できます。ドンムアン空港またはスワンナプーム空港の特定の地点からタクシーを利用する場合は、その他のサービス料金として、運賃メーターに表示されている金額に50バーツ追加で請求されます。

陸運局(DLT)

陸運局 (DLT) によると、タクシー運転手は2月28日まで、バンスーグランド駅またはクルンテープアビワットセントラルターミナルでメーターを調整できるとのことです。

DLTの副局長は、タクシー運転手に、メーターを不法に調整して料金を高くして乗客から搾取してはならず、 交通法を厳守しなければならないと通知したと述べました。またDLTは、サービスレベルを維持し、法律に違反したドライバーを処罰す る手段として、タクシードライバーにトラフィックポイントシステムを導入すると述べました。

タイのタクシー

タイは地方のタクシー料金は各県ごとに定められています。昨年11月に行ったチェンライは空港から市街地まで200バーツ。行く場所ごとに交渉です。以前旅行したコサムイも同様です。パタヤはGrabを使いました。他県を考えるとバンコクはメーターのため、安心して乗車できます。

コメント