バンコクでのPS4のゲームソフト事情

PC&PS4

PS4は世界中で販売されています。タイも例外ではありません。

ショッピングモールの家電ゾーンにはプレステのコーナーもありますが、主にハードの販売がメインで、ソフトは充実していません。

日本はプレステ、Switch(スィッチ)などのゲーム機のパイオニアの企業を生んだ国なので、ゲーム機の普及はもちろんの事、ソフトも充実しています。

バンコクもゲームソフトの販売店は、BTS Siam(サイアム)にあるMBK、Rama9のFortune Town(フォーチュンタウン)などに数多くあります。

MBKは大型ショッピングモールで、家電、携帯、ゲームソフトも充実していますが、サイアムという場所柄もあり、いつも大勢の人で賑わっていて観光客も多いです。

フォーチュンタウンもPC、携帯、ゲームソフトも充実しています。私は近所なので、ぷらぷらと行きます。建物がラチャダ通りに面して細長いので、2つの通路の両サイドに店舗が並んでいて、ゲームソフトは3・4階にあります。

MBKと比較して、地元民が圧倒的に多いので、過剰な客引きもありません。ゲームソフトの販売店が集積しているわけではないので、あちこち探すことになります。

フォーチュンタウン4Fのお勧めのゲームソフトの販売店OPEN SOURCEを紹介します。

この店舗はPS4正規販売店ですので、ゲーム機本体の購入は勿論のこと、PS4の修理も安心して出せます。ソフトはPS4、スィッチの新作も販売されていますし、コントローラー、コンバーター他の付属品も充実しています。

スィッチからFF12が発売され、予約購入するバンコク在住歴の長い友人と行きました。シューティングゲームは英語版でもいいかもしれませんが、RPGは日本語版でないと、やはりはプレーしにくいです。

このお店では日本語版が購入できます。フォーチュンタウンはタイ語しか通じないお店もありますが、販売スタッフは英語でコミュニケーションが取れます。

店舗によっては中国語版を日本版と勧める所もあるようです。タイトルなどが漢字で書かれているので、タイ人には同じに見えるのかもですが。

価格は日本で購入するより少し割高ぐらいです。PS4ではNieR:Automata Game of the YoRHa Edition(ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション)、バイオハザード RE:2も販売されていました。

日本に一時帰国する場合は、当然日本での購入が1番ですが、日本からEMSで送ってもらって関税がかかる場合のリスクを考えると、少し割高も許容範囲です。

▼フォーチュンタウンのMap

コメント