バンコクで日本の新作ゲームを取り寄せする方法

PC&PS4

バンコクでニンテンドー・Switch(スィッチ)、PS4の新作ゲームを日本から取り寄せてもらう方法です。

ゲーム好きならお気に入りの新作ゲームをいち早くプレイしたいものです。以前、ゲームソフトが揃っている販売店としてRama9のFortune Town(フォーチュンタウン)4F、OPEN SOURCEを紹介しました。

バンコクでのPS4のゲームソフト事情
日本はプレステ、Switch(スィッチ)などのゲーム機のパイオニアの企業を生んだ国なので、ゲーム機の普及はもちろんの事、ソフトも充実しています。Rama9のフォーチュンタウン4Fのゲームソフトの販売店OPEN SOURCEはお勧めです。

スィッチ、PS4の新作ゲームも日本で販売されてすぐに店頭に並びます。新作ームの種類の多さは、数あるフォーチュンタウンの中でもピカイチです。


今回スィッチの新作「ルーンファクトリー4」を日本から取り寄せてもらいました。

ルーンファクトリー4

2012年7月19日に発売されたニンテンドー3DS用ゲームのリメイク版です。やり込み要素満載のほのぼのRPGで、バトルで攻略もしていきますが、畑で野菜や果物を育てたり、料理をしたりして住人とコミュニケーションを取ったりするファンタジーな生活要素が多いゲームです。

日本での発売日は2019年7月25日(木)、プレイ人数1人、希望小売価格は通常版:4,980円+税

OPEN SOURCEでの取り寄せ方法

新作ゲームのチェックに行った時、ルーンファクトリー4は入荷され、既に売り切れていました。ゲームにもよりますが、入荷される数量はそんなに多くありません。

日本から取り寄せるために予約金として300Bを支払います。



「ルーンファクトリー4」のゲームを予約するとラインで価格が1,990B、日本語対応ゲームソフトのお知らせが来ます。


日本からゲームが届くとラインで届いたことが通知されます。タイではショップとのやり取りはラインで行わることが多く、ラインIDを予約用紙に記載することがあります。

1,990Bから予約金300Bを引いた1,690Bを支払いゲームを購入しました。1,990Bを円換算(1B 3.4円)すると6,768円です。2割程度割高です。

日本で知人に購入してもらって、EMSで送ってもらう方法もあります。EMSは5000円以上の物品には関税がかかる場合がありますので、最寄の郵便局に引き取りに行き関税を支払う事もあります。関税のチェックに引っ掛からない場合もありますが、リスクはあります。

Amazonで購入もできますが、タイにはAmazonがない為、日本からタイの運送費は実費です。

以上を考えると2割増しでも、取り寄せの購入も便利です。

▼フォーチュンタウンのMap

コメント