タイ 2022年7月1日からタイランドパスは不要になります

バンコク王宮、ワットプラケオ環境

ワクチン接種証明書またはCovid-19陰性証明書を提示

2022年6月17日、タイCOVID-19状況管理センター (CCSA)は2022年7月1日からは、タイ入国前に登録するThailand Pass(タイランドパス)は不要になると発表しました。

タイ入国で海外からの旅行者はイミグレーションでワクチン接種証明書(ワクチンパスポート) またはCovid-19陰性証明書を提示するだけです。タイランドパス登録システムは引き続き有効ですが、旅行者が危険なその他の伝染病の疑いのある症状を報告するためにのみ使用されます。イミグレーションでは体温のスキャニングが行われるのみです。

外国人はCovid-19の保険に加入する必要はなし

現在、海外からの旅行者は10,000米ドル以上ののCovid-19海外旅行保険に加入する必要があります。7月1日から、タイランドパスの不要とともに、保険の加入も必要なしになりますが、政府は旅行者に保険に加入することを引き続き奨励します。

タイ入国はワクチン接種証明書またはCovid-19陰性証明書を提示以外は、コロナパンデミック前に戻ります。

6月1日~15日までの海外からの到着人数

6月1日~15日までに海外から348,699人の旅行者が到着しました。

  1. マレーシア(61,486人)
  2. インド(51,800人)
  3. シンガポール(31,580人)
  4. ベトナム(18,885人)
  5. アメリカ(15,708人)

マスクは屋外、混雑していない場所で着用義務が緩和

Covid-19状況管理センター(CCSA)は、タイランドパス不要の他、2022年7月1日から屋外または混雑していない場所でののフェイスマスクの着用義務を緩和することに同意しました。

Covid-19コントロールの計画された緩和政策

全国の屋外または、低リスク地域、混雑していない地域で自発的にマスクを外すことができるようになります。公共交通機関、市場、コンサート会場など、混雑した換気の悪い場所では、フェイスマスクの着用が引き続き必要です。

ナイトスポット、パブ、バー、カラオケショップ、および同様の施設の営業時間を深夜から午前2時まで延長します。

全国77県すべてをグリーンコビッド監視ゾーンとして再指定。

CCSAのスポークスマンは、プラユット首相はマスクの着用に全面的に協力してくれた人々に感謝したと述べました。

タイは7月1日から、ほぼコロナパンデミック前の日常を取り戻すことになります。

コメント