タイ 再開したTest&Go

スワンナプーム空港旅行

2022年2月1日よりテスト&ゴーが再開

オミクロン株の世界的感染拡大で12月終旬に停止となっていた、テスト&ゴーの申請が2月1日より再開され、2万3660人が「テスト&ゴー」のための「タイランドパス」申請を行いました。スワンナプーム空港での到着は、主にマレーシアやシンガポールなどの近隣諸国とヨーロッパからの到着便です。

空港の改修

スワンナプーム空港

セキュリティチェックポイントエリアの拡張とX線装置が2台から5台への増加されます。パスポート検査カウンターの数が3つから7つに増え、1時間あたり232人ではなく780人にサービスを提供できるようになりました。乗客数の増加に対応し、国際線出発パスポートのチェックポイントでの混雑に対処できます。

税関は、一般の乗客用のレーンに加えて、商品を持ってグループで到着する乗客用の特別なレーンを設定しています。

設備が改善されたことで、スワンナプーム空港は旅行が容易になるにつれてより多くの乗客をよりうまく処理できるようになります。

また、テスト&ゴースキームの下で予約を受けたホテルは、過密を減らすために、観光客が到着する少なくとも1時間前に空港に車を送ります。

Test&Goプログラム

完全にワクチン接種済の旅行者のためのTest&Goプログラムでは2回のPCR検査を受ける必要がありす。

1回目は到着の初日、2回目は5日目。

検査結果が判明するまで、提携病院のあるAQホテルで2泊分のホテル予約の証明を提示する必要があります。

観光復活の展望

トラート観光評議会は、チャン島は、7日間のサンドボックスやテスト&ゴースキームを含むすべての旅行プログラムの下で、国内旅行者だけでなく、観光客を歓迎する準備ができています。チャン島の約45のホテルは、安全衛生局(SHA)Plusの基準を満たす4,000室の客室を提供します。

一部の部屋は、無症候性または軽度の症状を持つ感染した観光客のための隔離施設として機能します。

1月1日~30日まで、185,037人の訪問者が飛行機で国に到着しました。ロシア人は19,450人で最大のグループで、11,469人のドイツ人、10,458人のアメリカ人、10,091人の英国人がそれに続きました。

政府は、2月だけで20万人から30万人の旅行者がテスト&ゴープログラムを利用すると予想してます。12月の数に近く、この数は3月に増加する可能性があります。以前の検疫なしのプログラムが約60カ国からの訪問者に限定されていたより広い再開は、パンデミックに襲われた経済を救うために「コビッドと一緒に暮らす」戦略を採用するプラユット首相の推進の一部です。

タイのソフトパワーへの取り組みには、食品、スポーツ、映画、音楽、舞台芸術が含まれ、これらは国のイメージを促進し、収入を生み出すために使用できます。「ウェルネスツーリズム」をサポートするためにソフトパワーの使用を強調し、観光戦略を改訂しました。

コメント