SHOW DC(ショーDC) バンコクの激増するショッピングモール

ショッピングモール

Asoke (アソーク)のターミナル21、Chit Lom (チットロム)のセントラルワールド、Phrom Phong (プロンポン)のエンポリアムなどバンコクには巨艦店の有名ショッピングモールが数多くあります。

今年の11月にICONSIAM(アイコムサイアム)もオープンを控え、今後も多くのショッピングモールができます。

既に完成していたターミナル21はどうかわかりませんが、3年前にオープンした、エンポリアムもオープンした後も通路の工事をしていたり、さすがに店舗はほぼオープンしていました。

日本では考えられないですが、タイではすべてのフロアーがオープンしていなくても、ショッピングモールはオープンします。

2015年12月にオープンした、THE STREET ラチャダも3Fはテナントがまだすべて埋まっていません。営業しながら、テナント工事も進めていくという、タイらしいです。

ターミナル駅直結の施設は、集客力も見込めるでしょうが、駅から離れている場所の施設は、アクセスが悪いため、シャトルバスを運行させる工夫をしています。

2017年4月に花火を打ち上げ、華々しくグランドオープンした、SHOW DCに今回行きました。

Rama IX Road (ラマ9世通り)とPhetchaburi Road (ペッチャブリー通り)の間にあり、MRT Phetchaburi (ペッチャブリ)駅・ARL Makkasan(マッカサン)が最寄り駅ですが、歩くと20分ぐらいかかります。

スワンナプーム国際空港までARLで行けるので、最後に買い物ができるショッピングモールとしての立地です。

韓国をコンセプトにしていて、タイ初のロッテ免税店、韓国ブランドのファッション、コスメなどのショッピングストリート、韓国料理店。ファサードにも韓流スター。ロッテ免税店は3Fのみです。2Fはまだオープンしていません。

インフォメーションも韓国・中国人対応です。団体ツアーの方も多くいます。

建物は6Fまでありますが、4F以上はComing Soonの所が多く、ART HALLなどのスペースもあるので、まだまだこれからのショッピングモールです。最近はダンスイベントを開催しています。

3FのスポーツファッションのNIKEのアウトレットショップは、商品も豊富で、値段もリーズナブルなため (1,500TB~) おすすめです。

このSHOPのみ多くの人で賑わっていました。PUMAなどのアウトレットもあります。どのショッピングモールにも入っているH&Mですが、75%OFFのセール商品が豊富にあります。

韓国ブランドが好きな方はコスメなども興味を持たれるかと思います。

今年の7月から、スワンナプーム国際空港・ドムアン空港・ペッチャブリ駅からの無料シャトルバスが追加されました。ペッチャブリ駅はロットゥーです。

ペッチャブリ駅1番出口のエスカレーター壁面には、SHOW DCの全面広告。

出口を出るとSHOW DCロゴの入ったロットゥーが停車していて、30分毎に出発とありましたが、20分ぐらいで、7人で出発しました。

帰りも研修があったのか、多くの人が待っていいたため、15分待ちで出発しました。
ここのバスターミナルは、ツアーバス何台も止められるので団体ツアーの方が多いです。
SHOW DC公式

▼SHOW DC のMap

コメント