バンコクのショッピングモール内とセットバック部分の催事についての考察

ショッピングモール

Rama9に住んでいて食料品を買いに、フォーチュンタウンとセントラルプラザにしょっちゅう行きます。

いつも感心するのは、催事スペースのイベントです。日本で長くディスプレイの仕事していたので、催事の重要性は理解しています。

今の時期、日本のデパートの催事売場は、お歳暮一色です。

フォーチュンタウンの1F中央に、2週間でローテーションする催事スペースがあります。

化粧品、スマホなどのキャンペーンが一番多くて、キャンペーンガール&ボーイが歩いている人に声をかけています。仮設のステージを造り、POP・サインなどもデザインされています。

ここで周期的に、子供向けのイベントが行われます。今は宇宙センターがテーマで、大型プリントアウトでイメージが造られていて、横では地球儀が売られています。

今までで一番ビックリしたのは、ミニミニ動物園です。

ウサギ、犬などと子供達がふれ合うことができるのがテーマになっていたのですが、何故かメェーと鳴いていているヤギまでいて、たくさんの動物で動物臭がすごかったです。しかも飲食店の間のスペースです。

日本だったら、先ずこんな企画通らないし、近くの飲食店からのクレームもあるだろうし、タイの方は寛容なのかなぁと思うしかないです。2週間イベントは続いていました。

向かいのセントラルプラザの方は、B1の催事スペースで、衣料・食品の販売をローテーションでしています。今はスポーツ関連のスニーカー、ランニングウエアの販売です。最近いろんなショッピングモールでスポーツ関連の催事を見かけます。公園で見た様にランニングブームなのがわかります。

3Fの催事スペースは、ランの花、サボテンの展示販売が行われたりしています。イベント告知のPOP、サインにも力が入っているし、仮設できっちりプランニングされています。

このスペースも食品フェアもありますが、イベント販促企画を考えると、半年間か3ヶ月ぐらいの期間で、プランニングが必要です。バンコクにショッピングモールは数多くあるので、プランナーは大変ですね。

日本と違うのは、簡単に組み立てられる什器も多いし、営業中でも仮設の組み立てをしていることです。

フォーチュンタウンは店舗が横長で奥行きがないので、催事の広いスペースはとれません。セットバック部分の空きスペースで、催事が行われています。

食品、屋台、洋服とよく見かけるものですが、長年の屋台文化でノウハウがあるのか、短時間で、テントの設営はできます。撤収はもっと早いです。

バンコク中で、仮設イベントは行われているので、イベント前の設営を見るチャンスも多くあり、ボーっと観察しています。

コメント