2022年東南アジア競技大会がベトナム・ハノイで開催

サッカースタジアムイベント

2022年5月12日~23日まで開催

第31回東南アジア競技大会はSEA Gamesと呼ばれ、ベトナムのハノイで開催される隔年の地域マルチスポーツイベントです。当初は2021年11月21日~12月2日まで開催予定でしたが、新型コロナパンデミックの影響で延期になりました。ベトナムでのSEA Games開催は2003年以来2回目です。

新競技

SEA Gamesではオリンピックで行われる陸上競技や水泳などの競技の他、注目すべき5つの珍しい競技が行われます。

ダンススポーツ

点滅するライトの下で、華やかな服装の男性と女性のペアが、ラテンアメリカ音楽のビートに合わせて、精巧で官能的なダンスを行います。ダンスの芸術性とスポーツの運動能力のバランスが必要です。

審査員は、テクニック、動作、プレゼンテーション、そしてカップルとしてのカリスマ性について評価します。

クラッシュ

古代の単純な形のレスリングで、中央アジアの祭りやパーティーで人気があります。クラッシュは、2人のプレーヤーがもう一方を背中に投げつけることを目指しています。他の多くの格闘技とは異なり、相手の足を攻撃することを禁じられています。

プンチャックシラット

インドネシアの格闘技で、ストライキ、格闘、投擲、そしてシックルやマシェットなどの武器を利用した格闘スタイルです。

競技者は、武器を含めたテクニックと1対1の試合で行われます。試合では、ストライキとスローが成功するとポイントを獲得、攻撃の受け流しまたは回避に対して防御ポイントが付与されます。

ボビナム

2011年と2013年の大会で行われました。1930年代に考案され、中国のカンフーや他のアジアの武術の要素を加えて、試合は派手な飛行の動きで格闘を行います。競技者は、アクロバティックなスキルと直接の戦いでマークされます。

シャンチー

チャイニーズチェスとしても知られるこのゲームは、ベトナムや中国の多くの街で見られる人気の娯楽です。SEA Gamesのデビューを飾ります。 シャンチーは、幅9行、長さ10行のボードでプレイ、交差点にピースが配置され、プレーヤーが順番にピースを移動します。ヨーロッパのチェスより複雑ですが、目的は同じで、対戦相手の王をチェックメイトすることです。

タイの成績は2位に躍進

タイは5月15日に7個の金メダルを獲得した後、第31回東南アジア競技大会の総合順位で2位になりました。

セパクタクロー、マウンテンバイク、テニス、陸上競技、ペタンクでの成功により、タイのアスリートは21個の金メダル、22個の銀メダル、41個の銅メダルで2位に上がりました。

ホストのベトナムは、64個の金メダル、42個の銀メダル、41個の銅メダルで順位をリードし続けています。フィリピンは20個の金メダルで3番目、インドネシアが17個、マレーシアが16個と続きます。

メダル獲得競技

セパタクロー:タイが15日、男子と女子の団体戦で金メダルを獲得しました。男子チームは、最後の総当たり戦でカンボジアを3-0で下し、タイトルを獲得し、女子チームは、ブロンズメダリストのマレーシアを3-0で下してタイトルを獲得しました。

マウンテンバイク:Methasit Boonsaneが3:06:027のタイムで男子滑降個人イベントに金メダルを獲得しました。Vipavee Deekaballesは、3:42:337にフィニッシュで銀メダルを獲得しました。

テニス:ルクシカ・クムクムとアンチサ・チャンタがベトナムに2-0で勝利、女子チームの金メダルを獲得しました。

陸上競技:ジョシュア・ロバート・アトキンソンが男子400mで46.440秒のタイムで金メダルを獲得、ベニー・ノンタナムは、女子400mで54.010秒のタイムで銀メダルを獲得しました。

ペタンク:RatchataKhamdeeとAekkarinKaewlaが試合でカンボジアを破って金メダルを獲得しました。

ボディービルダー:WanchaiKanjanapimineとSiripornSornchuayは、混合ペアで銀メダルを獲得しました。

男子サッカー準決勝に進出。カンボジアに5-0で勝利。

コメント