バンコク パーシーチャルーン運河の新定期船に乗る

バス&船

MRTの延伸路線 Bang Wa(バン・ワー)駅からPhasi Charoen Canal(パーシー・チャルーン運河)の新定期船に乗りました。

MRTの延伸路線 バン・ワー駅からBTSバン・ワー駅と通路が繋がっているパーシー・チャルーン運河のバン・ワーピアへ行きます。

バンワーピアからチャオプラヤー川のターチャン船着場とを結ぶ定期船が就航しました。新路線は2019年6月17日より運航開始。試験期間として6ヶ月間は運賃無料です。

バンコク バン・ワー駅からパーシーチャルーン運河の船上ボートに乗る
BTSのシーロム線の終点Bang Wa(バン・ワー)駅からパーシー・チャルーン運河の水上ボートに乗りました。ワットパークナム寺院の予定が停泊したのはクローン・バーンルアン水上マーケットのあるワット・トングサランガン船着き場でした。

既存の定期船は左端のP1がワットパークナム寺院のある「プラトゥーナーム・パーシーチャルン船着場」で、右端のP15が「ペットカセーム69船着場」です。タクシン橋・ペットカセムがP4 バンワー・ピアです。

新定期船ルート

パーシー・チャルーン運河の新路線の案内

  • P1 Bang Wa Pier(バンワー・ピア)
  • P2 Wat Intaram Pier(ワット・インターラーム・ピア
  • P3 Memorial Bridge Pier(メモリアルブリッジ・ピア)
  • P4 Rajinee Pier(ラーチニー・ピア)
  • P5 Tha Chang Pier(ターチャン・ピア)

このルートはチャオプラヤ川に出ます。

パーシー・チャルーン運河の新路線の手書き案内
当日は曇り空で新定期船のルートの写真を撮影していると、係員の方がどこまで行きたいの?と声をかけてくれて、Last PIerまでと返答すると上記画像の15:00を消して15:30と書き直し、30分待つように言われました。

運行時間

月~金:AM6時~9時/PM3時~7時 30分毎、AM9時からPM3時 1時間毎

土・日・休日:AM8時~PM5時 30分毎

曇り空から雨が降り出し、止む気配もなく15時30分に水上ボートが到着。以前乗ったチャオプラヤ川を運行しているタイプの窓の付いている新しいボートではなく、古いタイプのボートでした。

待っている間2人ボートの時間を尋ねていましたが、乗客は私1人の貸切状態。しかも試験期間で運賃は無料。なんか申し訳ない感じです。運転手さんの他船掌さんと乗組員は2人です。

パーシー・チャルーン運河の新路線の船内
ワットパークナム寺院のある「プラトゥーナーム・パーシーチャルン船着場」を超えて、右折してチャオプラヤ川を目指します。チャオプラヤ川に出る前に水門があり、船着き場もあります。
船はすれ違う時に雨で視界も良くなかった為、汽笛を鳴らします。

本来のルートはチャオプラヤ川に出ると下流に進み、メモリアルブリッジ・ピア→ラーチニー・ピアに停まりますが、乗客は私1人なので運転手さんに「どこに行きたい?」と聞かれLast Pierまでと返答したので上流に向かいました。

チャオプラヤ川の船上から見たワットアルン
ワット・アルンの側を通り、この辺りは水上ボートの数が多く川の真ん中で停まって船着き場へ行く順番を待っていました。満席の船が行き交う中、最終地点王宮近くのターチャン・ピアで降りました。

新定期船ルートは観光を兼ねて乗船するには良いですが、乗降客が少ない上、MRTが延伸してバン・ワー駅から王宮近くのサナーム・チャイ駅まで行けますし継続はどうなるのでしょうか。

▼MRT Bang Wa(バン・ワー)駅のMap

コメント