タイ マーライを創りました

マーライ環境

マーライはタイの花文化

マーライ

タイの花文化の象徴はマーライ(花細工)です。僧侶や尊敬を込めて偉い方に差し上げることが多いです。タイ人の人生の節目(出家・結納・結婚・葬儀)に生花を使った花細工(マーライ(花輪)だけでなくお供えや吊るし飾り全て)は寄り添っています。

花細工は飾りではなく、徳を積むための捧げ物で針と糸と鋏だけで創作します。 今回教えていただいて、創るマーライは結納の時に用いられるものです。

マーライの創作

マーライ

バラバラにしたバラの花びらを、半分に折り、長い針に1周6枚づつ刺していきます。初めて創るのは中々難しいです。花びらの長さを揃え、同じ方向に刺していくのですが、長さが揃わなかったり、方向が分からなくなったりと。下のがくは花びらを留めるためのストッパーです。

この針には糸をつけていて、完成すると針を抜いて糸に通します。

今回創る真ん中に目があるデザインは、初心者では創ることは容易ではなく、ほとんど先生に創っていただき完成しました。

マーライ

マーライの房の下の飾りです。4房創りました。房と飾りの部分を合体して完成です。

マーライに使用するお花

マーライ
マーライ
マーライ

先端に付けているピンクのお花は、花びらを茎に巻いてピンクの糸で固定しています。このお花は予め先生に用意していただきました。薄黄緑の花はラックです。お花を開いて、がくとお花ををバラします。房の下の飾りは薄黄緑のがくと白いお花で創っています。

大量の生花をバラバラにして創る手法は、タイが一年を通して花材が豊富な地域であるためです。

バラ、ラックの花は1年中ありますが、季節性のお花もあり、色々なマーライを創ることもできるようです。

保存方法

生花なので、数日で枯れてしまいます。冷凍して、水分を飛ばすと長期で飾ることができるそうです。

マーライのお花の購入先

パークローン花市場の店舗。1束100THB

MRT Sanam Chai(サナムチャイ)駅下車。徒歩で3分のPak Khlong Flower Market(パーククローン花市場)に行くと、マーライを創るのに使用する長針、ハサミも売っています。パーククローン花市場では、マリーゴールドのお花を売っている所が多いですが、バラの花びら、ラック、ジャスミンなども購入できます。

パーククローン花市場のMap

コメント