バンコク市内 道路の陸橋の検査を知事が命令

バンコクの雨季環境

ラチャダ通りとラップラオの交差点に架かる橋が損傷

バンコク都知事のチャッチャート・シッティプントは、交通量の多いRatchada(ラチャダ)とLat Phrao(ラップラオ)の交差点に架かる陸橋の損傷について警告を受けた後、市内の道路の陸橋の包括的な検査を求めました。ウィサヌ・サブソンポン副知事との視察中に、トラックや他の車両が関与する衝突の結果、橋の一部が損傷または紛失したと述べました。

知事はがれきの落下や事故の可能性があるため、システム全体の検査を実施する必要があると述べ、すべての橋、特に衝突の危険があるUターンの橋をチェックする必要があり、注意が必要です。

ラマ2世通りの事故

先月、バンコクの隣県サムットサーコーンのラマ2世通りで、Uタ ーンの陸橋のコンクリートの梁が通過中の3台の車両に落下し、2人が死亡した事故で、道路インフラの安全性が注目を集めました。この場合、以前の修理を完了するために使用された補強ロッドが不十分 だったため、構造が弱体化したと考えられていました。高速道路局に対し、ラマ2世道路沿いのすべての建設を一時停止して安全性を確認するよう命令しました。

その後、ラマ2世通りで、深夜、建設中の 高架道路構造物から雨水で満たされたキャンバス シートが落下し、車が大破しました。保護キャンバスは、高速道路局によって完成された長さ24.7キロメート ルの Bang Khun Thian~Ban Phaew高架道路プロジェクトから落ちまし た。

再発を防ぐため、当局は保護シートに穴を開けて雨水を排水する予定であると述べました。

バンコク市内の道路の陸橋の検査も重要ですが、連日の豪雨での道路の冠水も気にかかります。

コメント