タイ 非常事態宣言の制限緩和で美容院に行く

美容院のイメージショップ

非常事態宣言で美容院も閉鎖

タイでは2020年3月26日に非常事態宣言が発令され、ショッピングモール(食料品、飲食店のテイクアウトのみ営業)の閉鎖と同様に美容院、理髪店も閉鎖になりました。

5月3日の第1フェーズの制限解除

市場(定期市場、水上市場、ストリートの市場、屋台)やレストラン(一般的な飲食店、ドリンク・お菓子・アイスクリーム店(ショッピングセンター内以外)などが制限解除。

美容院、理髪店はカット、洗髪、ブローのみ営業(カラーは禁止)再開になりました。

5月17日より第2フェーズの制限解除

デパート、ショッピングモールなどが再開と共に、モール内の美容院、理髪店も再開です。

美容院にカットに行く

第1フェーズで美容院が再開した時に、待っているお客さんで混雑しないように予約制にしてください。というお達しもあります。

以前地元のRama9でカット&カラーの記事を投稿しています。その美容院は1回行ったきりで、他の美容院を紹介してもらいしばらく通っています。

オーナーが1人でシャンプーからカットまで行うので、いつも予約して行きます。他にお客さんもいないし、3密になることはありません。

感染予防

美容師さんはマスクにシールド、私はシャンプーの時は着用。カットの時もカットする側のマスクのゴムを外して、カット、最後はマスクを手で押さえてカットするというのも聞いていました。

マスクしてカットは難しいですよね。美容師さんは店中アルコール消毒しているし他にお客さんもいないからマスク外しても大丈夫。ということで普通にカット&ブローをしてもらいました。

時間は2時間以内

以前はヘアカラーもしていたのですが、カラーは時間がかかり2時間を超える為シャンプー・カット・ブローです。2時間以内に終了して手をアルコール除菌して帰りました。

美容院が閉鎖されてからはヘアカラーは自分でしています。手間はかかりますが、慣れてくると自宅でできるのでこれからはこれでOKかなと

美容院の状況

美容院も40日ぐらい閉鎖して、私が行った美容院のオーナーはその間田舎に帰っていたようです。中型以上店舗では、ソーシャルディスタンスをとる必要があるので、お客さんの距離間や、混雑しないようにするなど感染予防対策も大変です。QRコードthaichana(タイチャナ)を活用している店舗もあります。

徐々に制限解除されていますが、まだまだ感染予防が必要です。しばらくは元の生活に戻ることはなさそうです。

コメント