タイ 近隣諸国(シンガポール・インドネシア)の開国

タイのクラビ島環境

タイ 2021年11月1日から63ヶ国の受け入れ開始

タイは完全ワクチン接種済の低リスク国(日本を含む)63ヶ国からスワンナプーム、プーケット、サムイ、チェンマイの各空港に観光客が訪れています。タイはwithコロナに舵を切りましたが、周辺国も開国に向かっています。

シンガポール

シンガポールは 10ヶ国からの旅行者が検疫なしで入国できるようにします。「covidと一緒に暮らす」ことは、経済を再開するための戦略となります。10月28日、MASは、今年(2021年)のシンガポールのGDP成長率(GDP)は約6〜7%で、2022年には成長が鈍化する可能性があると予測しています。

インドネシア

インドネシアの「バリ」は、10月から設定する国から観光客が移動できるようになりますが、5日間隔離する必要があります。政府の計画によると国の開放は期待されていますが、ゆっくりです。もともとはASEAN最大の経済国でしたが、7月のデルタ種の影響から経済回復計画は期待したほどではありません。

ベトナム

外国人観光客は11月以降フーコック島への入国が許可されます。ベトナムは、第1段階で、キエンサン、カーンホア、クアンナム、ダナン、クアンニンの5つの指定県への外国人観光客の開放を含め、現在72ヶ国からの予防接種パスポートを受け入れています。さらに80カ国で協議が進行中です。

ADBは、4月下旬の新たな流行の波の結果として、2021年のベトナムのGDPを前回の5.8%~3.8%と予測しています。

マレーシア

マレーシアはベトナムと同様の政策をとっています。観光芸術文化省は、12月初旬に外国人観光客を開放する可能性を最大限に引き出すことを望んでいますが、トラベルバブルを開くことに焦点を合わせます。11月16日から「ランカウイ島」が開放。

カンボジア

カンボジア政府は10月26日に各段階で開国計画を発表しました。完全ワクチン接種済はシアヌークビルとココンが最初の2つの地域で11月末に始まります。シェムリアップは2022年1月にリストに含まれています。

2019年のCOVID-19の発生前、カンボジアには660万人の外国人観光客が訪れ、50億ドル近くの収入を生み出していましたが、2020年にはわずか130万人に急減し、10億米ドルに減少しました。

ラオス

ラオスは完全ワクチン済の外国人観光客を歓迎する公式の開国日はありません。情報文化観光省は、2021年末までにワクチン接種を人口の少なくとも50%が達成することが重要であると考えています。今後数ヶ月以内に、さまざまな国から完全にワクチン接種済の外国人観光客を歓迎するために開国できるようになります。ラオスの完全予防接種率は37.47%です。

開国時期の観光客の最初のリストは、ベトナム、中国、その他のASEAN諸国です。同時に、韓国人向けのグループゴルフツアーの企画も検討しています。チャーター便でラオスと仁川国際空港(韓国)を結ぶルートで、完全にワクチン接種済の韓国人をターゲットにします。

タイ周辺国の状況を見ると、タイは完全ワクチン接種済の低リスク国(日本を含む)63ヶ国からの開国は画期的です。ラオス、カンボジア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、マレーシアは低リスク国に含まれています。

コメント