タイ ターク県で新型コロナウイルス感染拡大

PCR検査イメージ環境

ターク県はミャンマーと国境を隣接

ターク県は北西部にあり、アジアで2番目の大きさを誇るプーミポン・ダムがあります。南部は手つかずの自然が残っていて、この地域の一部はユネスコの世界遺産(自然遺産、トゥンヤイ-フワイ・カーケン野生生物保護区)に登録されました。ターク市内にはチーク材でできたタイの伝統的な家屋が軒を並べ、素朴で静かな「古き良きタイ」の町並みが残っています。ピン川で行われる、川の女神に感謝し、魂を清めるお祭り「ロイクラトン」も有名です。

国境の町メーソート

ミャンマーとムーイ川を挟んで国境を接し、420メートルのタイ・ミャンマー友好橋でミャンマー側の町ミャワディとつながる国境の町がメーソートです。2020年10月にも感染者が確認されました。2月13日には新規の感染者が52人確認され、14日は7人が確認されました。

サムットサーコーン

12月中旬に始まったCovid-19第2波の震源地であるサムットサーコーンは、タイ人7人、ミャンマー人19人、カンボジア人1人の24人の新規感染者が確認されました。

サムットサーコーンでは、公衆衛生省が2月6日に大規模工場で地域感染を制御することを目的として「シールアンドバブル」戦略を採用して以来、急激に減少しました。同時に、県内の他の工場や公共の場所で積極的検査を実施し症例発見が拡大されました。

シール法:労働者に敷地内の宿泊施設を提供する工場では、労働者が工場の敷地内から離れることを防いでいます。

バブル法:工場の敷地外に居住する労働者には、職員が寮と職場の間の移動を規制し、他の場所へ移動する防止を行いました。

市場の再開は?

サムットサコーン市長は22の生鮮市場が再開。しかし、Covid-19最大のクラスターの発生となった中央エビ市場はいつ再開するかは未定ですと述べました。

12日(金)から22の市場すべてを対象とした3日間の清掃キャンペーン(濃塩素と混合された水で噴霧)を開始しました。市場が15日(月)に再開する前に、市場の衛生に対する信頼を高めることを目的としています。地元の保健当局は22の市場で働く3,772人をテストしており、Covid-19の検査で陽性となったのは0.56%、21人でした。

サムットサコーンはバンコクの隣県で、一時は2,000人超の新規感染者が確認されて、拡大すると大変なことになると思われましたが、抑え込みに成功したようです。

コメント