タイ Covidオミクロン新亜種に対する新たな懸念

covit-19イメージ環境

11月にオミクロン新亜種の流行

タイでは死亡者数の増加を含む新亜種のオミクロンの発生が11月発生し、経済への影響に対する懸念が再燃しています。活発なショッピング活動、娯楽イベント、活気のある観光に基づいて、今年最後の月の力強い回復に企業が期待を寄せる中、 タイでは10月30日~11月5日まで、Covid-19で2,759人の入院と40人の死亡が確認されました。11月20日から26日の間に確認された入院患者数は4,914人、死亡者数は74人に急増しました。

専門家は、新しい波の一部は、ウイルスが拡散しやすい涼しい気候と、人々がイベントに集まり、予防接種が減っていることに起因すると述べています。

プーケット観光協会の委員長の見解

プーケット観光協会の諮問委員長は、 観光業はCovid感染の新しい波を懸念しているが、ビジネス環境は何年にもわたって混乱した後、回復し始めたばかりであるため、事業を縮小するつもりはないと述べました。 今回の状況は、Covidについて何もわからず、 免疫がなかったパンデミック の最初の年とはまったく異なり、パンデミックで得た深い知識と経験に基づいて、状況に対応する必要があると述べました。

タイ政府観光局(TAT)の見解

タイ政府観光局の代表は、年末に行われる大規模なカウントダウンのイベントに対する制限については公衆衛生省のガイダンスに従っていて、これまでのところ、 新型コロナ対策の変更を示唆していないため、 カウントダウンイベントは計画通りに進めることができると述べました。

タイベトジェットエアーのCEOの見解

タイベトジェットのCEOは、深刻な症状を引き起こす兆候はまだ示されていないため、新しいCovid-19の波がタイの観光業の回復に影響を与えるべきではないと述べました。人々がCovid-19に慣れてきたと考えられます。多くのタイ人は、ベトナムやヨーロッパ諸国と比較してまだフェイスマスクを着用していますが、以前よりも少ないようです。

タイ商工会議所の会長の見解

タイ商工会議所の会長は、新型コロナウイルスの感染者数の急増が企業心理に影響を与える可能性は低いと述べましたたが、政府は患者を支援し、ワクチンの十分な備蓄を確保するための措置を講じるべきです。民間部門は、タイがロックダウンに戻ることは絶対にないと信じてい ると述べました。散発的な感染例もありますが、 タイの公衆衛生システムは、 利用可能なさまざまな薬で患者をうまくコントロールできると考えられています。

産業連盟(FTI)

タイ産業連盟(FTI)は、Covid-19の新しい波による経済的影響の可能性について心配しておらず、 それは通常の現象と見なされています。 11月下旬に小規模な感染拡大がタイを襲い、新たな感染が増加しましたが、経済回復の勢いを維持したいので、飲食店に一時的な閉鎖を命じるなどの厳しい措置に訴えることはないだろうと述べました。

中国や日本を含む他のいくつかのアジア諸国も、オミクロン新亜種の新しい 波に直面しています。タイでは、経済に大混乱をもたらす可能性があるため、 封鎖や厳格な国境管理に戻ってはならないことに同意しており、政府はワクチン接種に焦点を当て、Covid患者を支援するための対策を準備しています。

コメント