2022 バンコク クリスマスディスプレイ プロンポン

バンコクのエムクォーティエのクリスマスショッピングモール

2022年のクリスマスディスプレイの2回目はPhrom Phong(プロンポン)

今年はどこのショッピングモールもクリスマスディスプレイが11月初旬からスタートしています。コロナの規制緩和で多くの外国人旅行者が訪れているため、クリスマス商戦にも力が入ります。

プロンポン Emquartier(エムクオーティエ)

バンコクのエムクォーティエのクリスマス

BTSプロンポン駅に直結しているエムクオーティエの前のオープンスペースには毎年、巨大なツリーが設置されます。今年のテーマはカラフルな象がモチーフで、かわいらしいツリーです。タイの国獣はアジア象で、国旗も100年ほど前までは、センターにに象が大きく描かれたデザインでした。象はタイの生活、信仰にも欠かせない存在です。

バンコクのエムクォーティエのクリスマス

キャラクターの象がミュージックに合わせて、ツリーの前でダンスイベントの時間もあり、子供たちは大喜びです。

店内

バンコクのエムクォーティエのクリスマス
バンコクのエムクォーティエのクリスマス

店内のVPもツリーに象のモチーフです。色んなポーズの象がいて楽しいクリスマスです。このディスプレイはエムクォーティエとエンポリアムと共通です。

バンコクのエムクォーティエのクリスマス

店内の空間にPOPなデザインのネオンサインがオシャレです。

プロンポン Emporium(エンポリアム)

バンコクのエンポリアムのクリスマス

エンポリアムのオープンスペースのディスプレイです。カラフルでPOPなデザインです。アイキャッチ画像で使用している、エンポリアムとエムクォーティエを結ぶ連絡通路のアーチは例年より短めです。こちらの入口にも象が設置されています。

店内

バンコクのエンポリアムのクリスマス

エンポリアムの吹き抜けはセンターに土星のイメージのモチーフが吊り下げられ、周りにはカラフルなライトが各フローアーにディスプレイされています。エムクォーティエは中庭のスペースに屋台が出ていて多くの人で賑わっていますが、エンポリアムは人が少なめです。現在工事中のソイ22の商業施設も同じグループです。完成は1年後予定で、来年のクリスマスはもっと華やかなエリアになるでしょう。

アソーク ターミナル1

バンコクのターミナル1・アソーク

アソークのターミナル1も例年通り、オープンスペースにクリスマスツリーが設置されています。11月の最初に準備されていました。交通の要所でもあるし、観光客で賑わっています。

コメント