スポンサーリンク

バンコク ヴィエンナーレ2022 BACCに行く

ビエンナーレ2022bacc美術館・アート

バンコク アート・ビエンナーレ2022の1回目の訪問

Bangkok Art Biennale(バンコクビエンナーレ)2022は10月22日にスタートし、2023年2月23日まで、73人のアーティストによる200のアート作品が12会場で開催されます。ビエンナーレは、2年に1回開かれる美術展覧会のことで、Biennaleのはイタリア語で「2年に一度」を意味します。バンコクでは2018年に初めて開催され、2020年はコロナ渦の中での開催でした。今回で3回目の開催となります。

BACC(バンコク芸術文化センター)

サイアムにあるタイの現代美術の中心、ビエンナーレにいつも協賛しているサイアムMBKの向かいにある、BACC Bangkok Art and Culture Centre(バンコク芸術文化センター)を訪れました。 ビエンナーレの会場は7・8・9Fの3フロアーが会場です。

7F

ビエンナーレ2022bacc

Rachel Kneebone(英国)の作品です。再生、ライフ サイクル、身体という人間の状態に取り組んでいて、磁器の予測不可能な性質を取り入れた彫刻です。白の彫刻がインパクトがあります。

ビエンナーレ2022bacc

Myrtille Tibayrenc(フランス)の作品です。タイに移り住んで彼女は大規模なシリーズの作品を制作しています。

ビエンナーレ2022bacc

赤を基調とした抽象画です。赤のカラーは目を引きます。

ビエンナーレ2022bacc

8F

ビエンナーレ2022bacc

7階から8階に進む螺旋の壁面にシリーズで飾られた作品です。生地のコラージュで製作されテーマは戦争です。

ビエンナーレ2022bacc

8階は映像と立体の組合せの作品が多く展示されています。不思議な空間が創られていました。

ビエンナーレ2022bacc

Timur Si-Qin(ドイツ)の作品です。

9F

ビエンナーレ2022bacc

8階から9階に進む螺旋の壁面にはVasan Sitthiket(タイ)の作品が展示されています。バンコクとナコンサワンを拠点に活動しています。風刺の効いた作品です。楽しみながら上に進んでいけます。

ビエンナーレ2022bacc

絵と陶器の組み合させた作品です。不思議なレイアウトです。

1F

ビエンナーレ2022bacc
ビエンナーレ2022bacc

1階はビエンナーレのショップがあります。ショップの周りに椅子に座ったオブジェが展示されています。

2・3F

ビエンナーレ2022bacc

バンコク芸術文化センターのMap

コメント