タイの入国へ9月4日ANAが特別便を運航

タイスワンナプーム空港ビザ

タイ国籍を有しない人々のための特別便

在京タイ王国大使館が8月20日に9月4日のANA NH847便を案内すると2、3日前に発表されました。本日の午前中にアクセスするも繋がらず、これは回線パンクか、サーバーが落ちたかかなと思いました。用事で出かけて戻って来てから再アクセスすると、すでに満席でした。

タイ国籍を有しない者のタイ王国入国への特別便(2020年9月4日)受付終了しました。20/08/20 このフライトは既に満席です。追って次のフライトをお知らせ致します。

上記のコメントがアップされていました。案内されると瞬時に満席になったようです。現在コロナウイルス感染拡大の予防で、機内はソーシャルディスタンスを取っているため、8月に運航された便も乗客は200名ほどでした。

9月に週1便運航が予定されていますが、予約を取るのも大変です。

9月の運航予定日

  • 2020年9月10日:TG643便、成田~バンコク(スワンナプーム)
    2020年9月18日:現在調整中
    2020年9月24日:TG 643便、成田~バンコク(スワンナプーム)

入国許可証(COE)申請に必要な書類は下記をご覧ください。

タイ民間航空局の局長が世界中の多くの国でコロナウイルスの感染状況は依然として深刻であるため、外国人旅行者がタイを訪れるための商業飛行の禁止は無期限と発表されています。世界各国特別便でしかタイに入国できません。また1日にタイ入国できる人数が500人と制限されているため、特別便の本数が増えることも現状では厳しいです。

観光大臣の提案

タイのクラビ島

タイ観光協会は2020年中に外国人観光客を受け入れられない可能性があり、観光事業者は最悪の事態に備える必要があると述べていますが、タイ観光・スポーツ大臣は、2020年10月1日からの外国人観光客受け入れを目指して、タイ観光・スポーツ省、外務省、保健省、運輸省、内務省の5省が8月27日に協議を行うとを明らかにしました。

大臣のプランは、プーケットへの「安全で密閉された旅行」。外国人観光客が14日間の検疫中でもホテルの外に出てビーチを楽しめるように、ビーチの1キロから2キロ区域を提供するというものです。

タイ観光・スポーツ大臣は以前も8月からトラベルバブルを実施したいと発表もしましたが、実現はされていません。希望的観測としてニュースを記事を見ています。ただしタイの観光産業は壊滅的ですから、海外からの旅行者の受け入れに期待を抱いてしまいます。

コメント