阪神甲子園球場を散策する

阪神甲子園球場大阪近辺

日本に一時帰国、タイの情報は今まで通り投稿していきますが、バンコクに戻るまで時折、大阪近辺情報をアップします。

阪神甲子園駅

阪神甲子園駅

久しぶりに訪れた阪神甲子園駅です。駅舎、駅前ロータリー、バス乗り場がリニューアルされていてビックリしました。以前の面影は全くありません。阪神電車もお洒落なネイビーの電車が運行していたりと随分変わりました。

この日は2週間の自主隔離が明け、神戸の友人と会うために梅田は人が多いので、密集を避けて中間地点の甲子園をチョイスしました。

タイガースショップ

阪神タイガースショップ

甲子園球場へ向かうロータリーの両サイドに阪神タイガースのショップが建っています。こちらも駅舎、ロータリーと同じイメージのお洒落なガラス張りの外観です。ショップはベタなイメージが強かったのですが、それは過去のものです。

ショップの前を通り道路を渡るとすぐ甲子園球場です。当日はゲームの予定はなく、前売り券の販売窓口のみ開いています。

甲子園のコロナウイルス感染予防対策

阪神甲子園球場

甲子園球場の正面のチケット売場から半時計周りに球場を一周することにしました。随分前に阪神の試合観戦に来たことはありますが、球場を一周するのは初めてです。チラホラ観光客も来ていて写真撮影をしています。少し歩くとコロナウイルス感染拡大の予防対策の案内パネルが設置されています。

試合入場時に検温チェックを実施。37.5度以上の発熱のある方、マスク着用していない方は入場できません。

  • ジェット風船の使用
  • フラッグ・タオルを振り回しての応援
  • 声を張り上げての応援
  • お客様同士のハイタッチ
  • 鳴り物の応援

が当分の間禁止されています。現在は観客を入れての試合ですので、細心の注意を払わなければならないです。また観戦する際は、兵庫県の運営する「兵庫県新型コロナ追跡システム」への登録のお願いもあります。

甲子園歴史観

阪神甲子園球場

甲子園歴史館は、外野スタンド内に2010年3月14日にオープンした博物館です。球場および、同球場を本拠地とする「阪神タイガース」・高校野球、大学アメリカンフットボール大会「毎日甲子園ボウル」の歴史や関連物品等が展示されています。

8月4日~30日まで「高校野球特別展2020~甲子園をめざした球児たち~」が開催されています。予約制のスタジアムツアーもあります。

高校野球交流試合

2020年8月10日~17日までの6日間、甲子園高校野球交流試合が開催されました。コロナウイルスの感染拡大の影響で第92回選抜高等学校野球大会が中止され、救済措置として同大会への出場が決まっていた全32校が甲子園球場で試合を行いました。第102回全国高等学校野球選手権大会も5月に中止が決定されました。

早くコロナウイルス感染が終息して、試合観戦が普通にできるようになるといいですね。

阪神甲子園球場のMap

コメント