2019 バンコク クリスマス チットロム・プルンチット編

プルンチットのセントラル・エンバシーショッピングモール

2019年のクリスマスディスプレイの4回目はChit Lom・Phloen Chit(チットロム・プルンチット)

商業施設が立ち並ぶパトゥーナム~チットロム、Sukhumvit(スクムウィット)通りをプルンチットを超えてAsoke(アソーク)まで夜のクリスマス・ディスプレイを巡る散歩です。

Market Babgkok(マーケット)

チットロムのマーケット・バンコク
セントラルワールド伊勢丹の向かいにある2019年2月にオープンしたショッピングモールです、ナチュラルなファサードの建物です。前の空きスペースにクリスマスツリーが設置されています。来年早々にドンキーモールが入ります。

Amarin Plaza(アマリン プラザ)

チットロムのアマリン
BTSチットロム駅と直結しているショッピングモールです。昨年同様に子供たちが喜びそうなキャラクターをモチーフにしていて、楽しく可愛いクリスマスディスプレイです。

Central Chidlom(セントラル・チットロム)

プルンチットのセントラル本店
チットロムとプルンチットの間に位置するセントラルの本店です。道路に面する建物全体にリボンが掛けられ、歩道にはイルミネーションのアーチが設置されています。

セントラルの横の空き地に昨年は巨大なクリスマスツリーが設置され、ビアガーデン・屋台が出ていて多くの人で賑わっていましたが、今年はツリーもビアガーデンの設営は無しです。

プルンチットのセントラル本店
スクムウィット通りに面する5面あるウインドウです。バック覆うテープとボールののオブジェのカラーが赤・白とウインドウごとにデザインに変化があります。昨年の幾何学模様のデザインと比較するとシンプルなデザインです。

Central Embassy(セントラル・エンバシー)

プルンチットのセントラル・エンバシー
BTS プルンチットと直結しているハイブランドが揃う豪華なショッピングモールです。正面に赤のクリスマスツリーと連動するようにスカイウォークに赤のリボンが巻かれています。

店内もデザイン化したオブジェが吹き抜けに設置されています。子供の遊び場のスペースはサンタとオブジェの組み合わせで全体にシンプルです。

ハイブランドのショップも全体的にクリスマスを意識していない所も多く華やかさに少し欠けます。

ナナからアソークまで

高級ホテルもイルミネーションだけでクリスマスツリーが設置されていなかったり、全体的に地味なクリスマスです。11月で終了予定だったナイトマーケット、ART BOXは今も営業中です。

アソークのターミナル21は3回目で紹介しましたが、相変わらず多くの人で賑わっています。

セントラル・ワールドのビアガーデン

セントラルワールド
例年セントラルワールドの前のイベントスペースで開催されていたビアガーデンは今年は無しです。スペース半分は飲食・物販の屋台が出ています。チットロムからプルンチットにかけては全体的に地味なクリスマス・ディスプレイです。

▼Central Chidlom(セントラル・チットロム)のMap

コメント