タイ TM30の書類が簡素化されます

チェーンワタナB棟ビザ

イミグレーションで2020年6月30日より簡素化

TM30の書類は、タイに滞在する全ての外国人に、アパートメント、コンドミニアムなどのオーナーが「私は外国人に住居を賃貸しています」という届け出のことで、居住者は海外または県外から帰国した際はオーナーに届けが必要でした。

2019年5月頃のイミグレ

TM30は2019年5月頃からバンコクでも急に取り締まりが厳しくなり、当時のイミグレは長蛇の列でした。県外で宿泊し場合ホテルがTM30の書類を提出するため、オーナーに報告をするのは煩わしい制度でした。

2019年7月頃には外国人居住者グループが、TM30の厳格な運用に関して、請願書への署名を始めたというニュースもありました。

TM30の適用ケース

私はエクステンションの際、ツーリストビザにリマークが押されていたため、TM30の書類が必要になりアパートの管理事務所で書類を作成してもらい提出しました。

知人は居住していたアパートのオーナーにTM30の書類を作成してもらえず、ビザの更新で必要になり、罰金を払ってイミグレで書類を作成したりと、当時居住者の間ではよく話題にのぼっていました。

2020年2月のイミグレ

非常事態宣言が出る前にイミグレに行ったときは、TM30の窓口にはほとんど人がいない状態でした。オーナーはオンラインで申請ができるため、わざわざ窓口に行く必要もないですし、TM30の内容が浸透したのかと思いました。

TM30簡素化の要点

6月30日より外国人が最初に到着した時のみオーナーは書類を提出をするように変更になりました。アパートに居住する外国人が一時的に海外に出かけ、再入国する際、マルチビザを取得している場合や再入国許可(リエントリーパミット)がある場合は、アパートに戻っても、オーナーはTM30の提出をする必要がなくなりました。

帰国の都度オーナーへの報告をする必要がなくなり、居住者にとっては朗報です。

現在世界中がコロナウイルス感染拡大で、7月1日からはタイへの一部外国人の入国が認められ、イミグレも入国の感染者対策に重点が置かれているのでしょう。

タイのイミグレは変更は多々あるのでTM30もチェックはしていく必要はあります。

コメント

  1. 通りすがり より:

    でもタイ国内旅行して自宅に戻るたびに、TM30の提出が必要ですよね。
    ホテルがTM30出してしまうんで。
    個人的にはその方を改善してほしい、、、

    • bangkok_kakobangkok_kako より:

      コメントありがとうございます。
      同感です。90日レポートも提出するので、長期滞在者はTM30は廃止してほしいですね。