タイ 1月14日は子供の日でした

子供の日イメージイベント

毎年1月の第2土曜日が子供の日

タイの子供の日は毎年1月の第2土曜日です。日本の5月5日のように決まっていません。タイ各地では子供たちのために様々なイベントが行われますが、祝日ではありません。

子供の日の歴史

タイの子供の日は国際児童福祉連盟の提唱により1959年に始まりました。タイ国民に子供の重要性を再認識してもらい、そのことを子供自身にも自覚してもらうことが趣旨です。

1963年までは、毎年10月の第1月曜日が子供の日でしたが、10月は雨季でイベントなどに影響が出ることと、役所関係が休日の方が都合が良いことから、現在の毎年1月の第2土曜日に変更になりました。

イベント

コロナ渦の期間はイベントは中止となりましたが、昨年からイベントが開催されています。イベントは、各学校をはじめ、教育省でも行われ、子どもたちによるコンテストなども開催されます。またショッピングモールでは仮設会場が設置され、様々なイベントが行われお菓子なども配られます。

BTS(スカイトレイン)は、スクンビット線、シーロム線、ゴールドラインで子供(身長140cm以下、14歳以下)の乗車が無料でした。

軍事イベント

子供の日はタイの陸軍・空軍・海軍などの施設が一般公開されます。陸軍では戦車に乗る。空軍では戦闘機の飛行演習の見学。海軍では輸送船に乗船できるなどです。子供の日に軍事施設を公開する意味は「国家を維持することの重要性を子供たちに認識させる」ことのようです。

チャンタブリ県ムアンノンタブリ区での子供の日イベントで、子供たちへのプレゼントを積んだタイ海軍ヘリコプターが会場のテントに接近しすぎて、テントが吹き飛ばされ、子供5人を含む8人が負傷したニュースがありました。地区事務所とタイ海軍は、この事故について謝罪し、タイ海軍の職員は被害者をお見舞い、補償金を手渡しました。

タイの子供たちの将来の夢

子供の日を祝う文化省の調査によると、子供たちの間で最も人気のある夢の仕事が教師であり、医師と看護師は2番目にランクされています。 YouTuberもリストに含まれていました。

  • 教師:14.8%
  • 医者や看護師:12.2%
  • ビジネスマン:11.5%
  • 軍隊や警察:11.2%
  • YouTuber:9.5%

今年の子供の日の最も人気のある活動はゲームでした。

コメント