タイ 新しいコンセプトのショッピングモール

バンコクRama9のセントラルプラザショッピングモール

販売のための雰囲気と幸福度

コロナパンデミックの影響でオンラインショッピングに人々は慣れてしまいましたが、タイのマーケティング協会の顧問であるチャリット・リンパナベッチ氏は、実店舗は決して消滅することはないと述べました。消費者の行動の変化に対応するために、店舗は現在、建築、ライフスタイル、人間性に重点を置いています。

モールグループの新しいコンセプト

バンコク2021クリスマス・プロンポン

The Mall、The Emporium、The EmQuartierの運営者でThe Mall Groupの最高マーケティング責任者は、調査によると、ほとんどの買物客の優先事項は利便性であることが示されました。その結果、モールグループは昨年、39年の歴史の中で初めてイメージのブランド変更をスタートし、ショッピングモールと小売のすべての複合施設を「モールライフストア」に変更。お客様のライフスタイルの変化に対応し、コンセプトは「住む場所」。

モールライフストアはもはやデパートやショッピングコンプレックスではなく、あらゆる年齢の人々がテクノロジーと人間性を組み合わせた新しい体験をするための場所です。

ニューモデルは、昨年11月に正式にオープンしたノンタブリーのザ・モール Ngamwongwan(ンガムウォンワン)で初めて適用されました。2番目のMallLifestoreは、12月2日にオープンしたバンコクのTha Phra(タープラ)です。

セントラルのユニークな環境にやさしいモール

バンコク2021クリスマス・セントラルワールド
セントラルワールド

SETに上場している小売および不動産開発業者のCentral Groupは最近、42億バーツでチョンブリー県のシラチャの中心部に総面積14万平方メートルのプロジェクトは、東部地域で最大の多目的開発であり、最初の環境に優しいモールです。

半屋外のデザインとペットに優しいゾーン、7つの「幸せのハイライト」を備え、「イノベーション」のコンセプトの下でシラチャの人々に新しいライフスタイルを提供します。

この半屋外デザインのコンセプトは、来年の第1四半期にチャンタブリーに展開される予定です。

ロータスの新しいフォーマット

タイのロータス

LotusはNorth Community Centerプロジェクトで新しいフォーマットを導入します。

現在、建設中のRatchapruek Roadの16ライの敷地の、2階建ての建物は、新しいライフスタイルに合うように半屋外のコンセプトで設計された新しいロータスの旗艦店になります。

新しいフォーマットには、デパートゾーンからショッピングコンプレックスゾーンへの大きなホールが含まれています。

ロータスのノースコミュニティセンターのフードゾーンのレイアウトは、利便性と社会的距離を考慮して設計されている一方で、遊び場やシネプレックスなどの一部は半屋外のコンセプトの下にあることです。

この設計により、パンデミック時にロータスの店舗で発生していたいくつかの問題が解消されます。SMART要素(シンプル、モチベーション、俊敏性、責任感、変革性)を中心に家族連れにやさしく、買い物をもっと楽しくします。

買物客は、閉店まで無人店で食べ物を買うことができます。また、24時間体制でフィットネスセンターを提供します。ロボットはいくつかの機能に使用され、グリーンエリアは新しいロータスの店舗の重要なポイントの1つです。

現在、Community Centerに変わる可能性のある既存のロータスが100店舗あり、各エリアの顧客に適した場所のみを選択します。

2021年から2022年の間に7店舗のロータスのコミュニティセンターを開設する予定で、そのうち2店舗は今年の最後の2か月にオープンする予定です。

チェーンストアも変化

ショッピングモールに加えて、チェーンストアは、パンデミック後の顧客を店舗に引き戻すために、各販売チャネルの店舗内のデザインとメニュー、およびマーケティングアプローチも変革しています。

Swensen’s(スウェンセン)

Swensen’sは、Siam Paragonの1階に新しい旗艦店としてSwensen’s Craft Barをオープンさせました。

この旗艦店は、若い世代の目を引くモダンなミニマリストのインテリアデザインです。このスウェンセンのクラフトバーは、菓子職人によるアイスクリームが顧客に提供されます。ユニークなデザインのチェーンストアがショッピングモールを活性化させます。

コロナパンデミックで営業制限を受け、打撃を受けたショッピングモールですが、次々とニューコンセプトでのオープンは楽しみです。

コメント