バンコク 3月2日よりCovit-19の規制緩和

バンコク王宮、ワットプラケオ環境

非常事態宣言は3月31日まで1ヵ月延長

タイの新型コロナウイルス感染拡大に伴い非常事態宣言が発令されたのが2020年3月26日です。2021年3月31日まで延長されたため、1年になります。マスク着用、3蜜を避ける生活も長くなりました。

Covid-19状況管理センター(CCSA)の発表

Covid-19状況管理センター(CCSA)は、レストランがアルコールを提供、ライブ演奏を行うことを許可し、バー・パブは来週の月曜日、3月2日から再びアルコールを提供できるようになりました。

疾病管理のゾーンの変更

現在のグリーン(監視)ゾーンは35県から54県で疾病管理措置が緩和されます。

グリーン(監視)ゾーン

54県がグリーン(監視)ゾーンとしてリストされています。

カンペーンペット、チャイナート、ナコンラチャシマ、ナコンサワン、ブリラム、プラチュアップキリカーン、パンガー、ペッチャブーン、スコータイ、スラタニ、ウタイタニ、クラビ、カラシン、コンケン、チェンライ、チェンマイ、トラン、ナコンパノム 、チャイヤプーム、ナコンシタマラート、ナン、ブンカーン、パタニ、パヤオ、パッタルン、フィチット、ピサヌロック、プレー、プーケット、マハサラカム、ムクダハン、メーホンソン、ヤソトン、ローイエット、ランパン、ランプン、ルーイ、シーサケート、サコンナコン、サトゥーン、スリン、ノンカイ、ノンブアラムプー、アムナートチャロン、ウドンターニ、ウタラディット、ウボンラチャターニ、アントン、サケオ、シンブリー、トラート、プラシンブリー、ロップリー。

イエローゾーン(綿密な監視)

イエローゾーンの数は、17から14県に。カンチャナブリー、スパンブリー、アユタヤ、サラブリー、ナコンナヨック、チャチュンサオ、ペッチャブリー、ラノーン、チョンブリ、ラヨーン、チュンポン、ソンクラ、ヤラ、ナラティワートに減少します。

オレンジゾーン(コントロール)

オレンジゾーンは、20から8県に。バンコク、サムットプラカーン、サムットソンクラーム、ノンタブリー、ナコンパトム、パトゥムターニ、ターク、ラチャブリーのに分類されます。

レッドゾーン(厳格な管理)

サムットサーコーンは唯一のレッドゾーンのままです。食事サービスは許可されますが、アルコールの販売は引き続き禁止されます。ショッピングモールやレストランは午後9時まで営業できますが、県内の学校や体育館、フィットネスクラブは閉鎖。

バンコク(オレンジゾーン)の制限解除

バンコクでは、午後11時まで飲食店でアルコール提供が許可。バーやパブなどの娯楽施設も営業も再開でき ます。ライブ演奏は許可されてますが、ダンスは禁止されています。

学校は通常の教育活動で再開しますが、の参加者の数を制限する必要があります。最大120人の生徒がいる学校は、疾病管理対策を講じて通常の活動を再開できます。

会議、セミナー、パーティー、寄付活動の参加者は300人に制限されています。ショッピングセンター、デパート、モール、スーパーマーケットは通常どおり再開できますが、プロモーション活動はできません。

マッサージ、スパ、タイの伝統的なマッサージパーラーでの入浴は、顧客を制限しながら再開できます。

屋内および屋外のフィットネスセンターと体育館は再開できます。スポーツ大会は観客数に制限を設けて開催することができます。

コメント