タイ 観光を活性化するために拡張されたツアー補助金制度

タイのクラビ島旅行

2022年9月末まで2つのパッケージ旅行が延長

プラユット首相が議長を務める経済情勢管理センターの会合で、2つのパッケージ旅行を9月末まで延長することに合意し、人々が休暇を取り、病んでいる観光セクターを支援することをさらに奨励しました。日本でも行われていたGo To Trvelのタイ版です。

We Travel Together

タイのクラビ

政府のスポークスマンは会議後、ホテルの補助金プログラムであるWe Travel Togetherにさらに100万の部屋の権利を追加し、5月末から9月末まで延長することを決定したと述べましたた。

現在の段階では、5月31日までに200万の部屋の権利が提供されました。このパッケージでは、宿泊料金の40%、1泊あたり最大3,000バーツ、航空券の40%、つまり最大2,000バーツを満たしています。

ツアーティータイ・パッケージ

タイのクラビ島

ツアーティータイパッケージも4月末から9月末まで延長されます。このプログラムは、ツアーパッケージの40%の補助金割引を提供することにより、ツアーグループの運営者を支援することを目的としています。

国内旅行協会、タイ商工会議所、タイ国政府観光庁は、政府が国内旅行を促進するための補助金制度を継続するよう呼びかけています。

2つのパッケージ旅行はタイ人しか利用できませんが、配偶者、友人と一緒の場合外国人も利用できます。

タイの2022年5月6日の感染状況

2022年5月6日(金)タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration CCSA>は新型コロナウイルス新規陽性者は7,705人が確認されたと発表しました。97,672人が治療中。1,622人が重症・重篤で、778人が人工呼吸器を使用しています。死亡者は62人です。回復したのは11,252人でした。

7,705人の内、10人は海外からタイに入国した人々で。国内感染には含まれません。5月6日の発表の時点で、累計の陽性者の数は4,308,319人。累計死亡者は28,976人です。

国内感染者

地域別ではバンコク2,174人、ブリーラム294人、サムットプラーカーン268人、シーサケート246人、コンケーン224人、 チョンブリー203人、ナコンラチャシマ199人、ローイエット185人、スリン176人、ウボンラチャターニ155人などです。

コメント