バンコク BRTのルートMap

バンコクBRTのバスルートバスルートMap

BRTはバス高速輸送システムという専用レーンを走行

BTS Chong Nonsi(チョンノンシー)駅近くのSathorn(サットン)駅から、BTS Talat Phlu(タラット・フル)駅近くのRatchapruek(ラチャプルゥク)駅まで運行

2010年5月に導入され、利用者が少なく2017年に廃止が決定されたのですが、利用者の要望もあり、一転して継続して運行を続けることが決定されました。12駅を一律運賃は15B。

BRTの12駅

バンコクBRT
  • Sathorn(サットン)
  • Akarn songkroh(アーカン・ソンクロ)
  • Technic Krungthep(テクニック・クルンテープ)
  • Thanon Chan(タノンチャン)
  • Rama3(ラマ3)
  • Wat Darn(ワット・ダン)
  • Wat Pariwat(ワット・パリワート)
  • Wat Dorkmai(ワット・ドークマイ)
  • Rama9 Bridge(ラマ9世橋)
  • Charoen Rath(チャルーン・ラート)
  • Rama3 Bridge(ラマ3世橋)
  • Ratchapruek(ラチャプルゥク)

Sathorn(サットン)駅

バンコクのチョンノンシー

BRTサットン駅前はビジネス街です高層の商業ビルが建っています。

バンコクBRTチョンノンシー

BTSチョンノンシー駅を降りると、BRTサットン駅までスカイウォークで繋がっています。雨の日も問題ありません。

バンコクBRTの改札

BRTサットン駅の切符売り場と改札です。自販機でお札も使用できます。改札システムはBTSと同様です。

BRT乗り場

BRT乗り場はガラス張りでクーラーが効いていて、炎天下で市バスを待つのとは大違いです。電光掲示板に、出発時間案内がでていて、15分毎にバスは来ます。市バスより一回り小さいサイズのグリーンとイエローのツートンカラーで、クーラーは効いています。

バンコクBRT

真ん中に運河が流れるNaradhiwas Rajanagarindra Rdの専用レーンを走るので、渋滞に巻き込まれる事もなく、快適に進みます。

コンドミニアムも多く立ち並ぶ地域から、南下します。Rama3世通りを右折してチャオプラヤ川に沿うように進みます。

Rama3世通り

バンコクBRT

BRT6番目の駅Wat Darn(ワット・ダン)を出発した所です。この辺りはリバーサイドに高層コンドミニアムが立っていますが、通り沿いは一般的なバンコクの下町です。

プミポン橋

バンコクのプミポン1橋

しばらく走るとプミポン橋が見えてきて、リバーサイドを周っていきます。高架の道路を走ってくので、乗り心地もいいです。リバーサイドは建築工事中の所が目立ちます。

Rama3世橋

Rama9世橋のたもとを超えてしばらく走るとRama3世橋です。チャオプラヤ川にかかるRama3世橋を渡ると、終点ラチャプルゥク駅までノンストップです。

Rama3世橋を渡り終えるとBRT専用レーンがなくなり、渋滞に巻き込まれます。ラチャプルゥク駅まで10分以上かかりました。

Ratchapruek(ラチャプルゥク)駅

バンコクBRT

ラチャプルゥク駅の降り口と、乗車口は別のところにあります。ラチャプルゥク駅からBTSタラット・フル駅まではスカイウォークで行けます。

BRTは1周はしていません。思ったよりも乗降者も多かったです。

BRT Sathorn(サットン)駅のMap

コメント