バンコク バスR26E番のルート Map

バンコクバスR26EのルートMapバスルートMap

R26E番のバスはVictory Monument(戦勝記念塔)とSamut Prakan Provincial Stadium(サムットプラカーン・地域スタジアム)を往復します。

●Inbound red line:Victory Monument(戦勝記念塔) Samut Prakan Provincial Stadium(サムットプラカーン・地域スタジアム)

●Outbound blue line:サムットプラカーン・地域スタジアム 戦勝記念塔

R26E番のバスはの水色のクーラー付き・バリアフリータイプの車両と車内は同じですが、車体は白っぽいカラーです。バンナー2病院とスワンナプーム空港に行くジャンクションの付近辺りで少し行き帰りのルートが異なります。

red line:Rama9世通りを運行し、ショッピングモールのザ・ナインを過ぎた辺りからバイパスを通りシーナカリン通りを右折します。blue line:シーナカリン通りを左折した辺りからバイパスを運行し戦勝記念塔までノンストップです。

エキスプレスのバスではないのですが、帰りにバイパスを通るのを知らずに戦勝記念塔まで行ってしまいRama9まで引き返しました。R26EはGoogle Mapには記載されていません。

戦勝記念塔の北東エリアのバスターミナルから出発。

Ratchathewi Rd(ラチャテーウィー)通りからDin Daeng Rd(ディンデーン)通りを東に進みます。Rama9の交差点を超えてザ・ナインの前で停車。


ザ・ナインは真ん中が吹き抜けで自然光が入り、緑の多いウッディーな内装のショッピングモールです。Hua Makのジャンクションで右折し、Srinagarindra Rd(シーナカリン通り)を南下します。

シーナカリン・トレインマーケット

シーナカリン・トレインマーケット駅舎のブース
シーナカリンでは1番大きいシーコンスクエア、シーナカリン・トレインマーケットの横を通ります。シーナカリン・トレインマーケットはラチャダ・ナイトマーケットの原型で駅舎のイメージの外観のゾーンがあり、店舗は常設でデザインに凝ったショップが並んでいます。オールドアメリカンのバーやサブカルもショップなどバラエティーに富んでいます。

Bang Na-trat Rd(バンナー・ラット)通りで左折します。
バンナー通りを東へ進み、ショッピングモール メガバンナーの横を通り、バンナー2病院で南下します。

サムットプラカーン・シティのスタジアム

サムットプラカーン・シティのホームの試合
Thepharak Rd(テファラク)通りを超えたすぐにタイリーグT1のサムットプラカーン・シティのスタジアムがあります。一部陸上トラックが付いていますが中々見やすいスタジアムでサポータは熱いです。

更に南下してSukhumvit Rd(スクムウィット)通りを左折してします。海の側を走りBang Pu, Mueangを北に進みサムットプラカーン・地域スタジアムの近くのバス停が終点です。

▼サムットプラーカーンSAT StadiumのMap

コメント