バンコク ファランポーン駅が閉鎖

バンコクバンスー中央駅電車・車
バンコクバンスー駅

タイSRTはBang Sue Grand Station(バンスー中央駅)が主な始発駅になります。Bang SueからTaling Chan(タリンチャン)へのレッドラインで試運転は始まりました。以前はHua Lamphong(ファランポーン駅)は残すと説明されていましたが、2021年11月にバンスー中央駅の開業と同時にファランポーン駅を閉鎖すると明らかにされました。

タイ国鉄労働組合(SRWU)が反対

タイ国鉄労働組合(SRWU)は、ファランポーン駅のすべての列車サービスを閉鎖する計画を拒否しました。タイ国鉄労働組合の会長は、運輸大臣に請願書を提出しました。ファランポーン駅へのすべての列車が今年11月に計画どおりに閉鎖された場合、何千人もの通勤者が影響を受けるため、通勤者への影響を減らすために、いくつかの路線が運行されていることを希望しています。

Hua Lamphong(ファランポーン)駅

バンコクのファランポーン駅

今年11月にすべての列車サービスをバンスー中央駅に移動すると、105年間開業しているファランポーン駅は、市内の主要な鉄道輸送のハブとしての役割を終了します。タイ国鉄労働組合の会長は、より広い面で、SRTがファランポーン駅を閉鎖した場合、将来の事業開発の機会を失うだろうと述べました。

同駅は単なる大型駅ではなく、SRTが活用できる文化的および歴史的価値も提供しています。「SRTは、ファランポーン駅を使用して文化観光を開発したり、閉鎖された場合は特別列車のサービスを手配したりする機会もなくすとと述べました。SRTは博物館として維持することに熱心であると報告されていますが、バンコクのランドマークの未来は不明のままです。

運行ルート

ファランポーン駅の閉鎖により一部の通勤者への影響が生じます。西部郊外に住む通勤者は、中央ビジネスエリアにあり、ファランポーン駅まで運賃の安い電車に乗車しています。また東行きの列車路線は、ファランポーン駅を合流点として使用しています。

当初、マッカサン駅からファランポーン駅まで毎日最大3,000人の通勤者が影響を受けます。SRTは通勤者の通勤の便利をはかるため特別なシャトルバスを提供する場合があります。また、サムセン駅などの市内の鉄道駅周辺に土地を開発する計画を検討しています。

今後のファランポーン駅

バンコクのファランポーン駅

SRTはファランポーン駅が一時的に列車の停車場とメンテナンスステーションとして交通と大気汚染を減らすために、使用されると述べました。

ファランポーン駅は個人的にはレトロな雰囲気があり、旅に行く始発駅として最適で残して欲しいと思います。ただ市街地を運行する現在の状況では難しい面は

コメント