2021ACL予備予選とグループステージ組み合わせ

バンコクのラジャマンガラ・スタジアムサッカー

タイからは4チーム出場

2021AFCチャンピオンズリーグ(ACL)にタイからBGパトゥム・ユナイテッドポートFCの2チームが本戦ストレートイン、チェンライ・ユナイテッドラチャブリーFCの2チームが予備予選から出場します。

タイはACLの出場枠を決めるAFCクラブコンペティションランキングにおいてオーストラリアを抜いて東地区4位に浮上しました。2020年に新型コロナウイルスの影響でタイリーグが秋春制に移行したことで、出場チームは2020年末の時点のリーグ戦順位で決定しました。

予備予選 東アジアゾーン

  • Shanghai Port(上海海港)中国 VS KayaFC(カヤ)フィリピン
  • Cerezo Osaka(セレッソ大阪VS Melbourne City(メルボルン・シティ)オーストラリア……ACL2021にオーストラリアチームが不参加を表明したため、セレッソ大阪が不戦勝でグループJのステージへ進出。
  • Pohang Steelers(浦項スティーラーズ)韓国 VS Ratchaburi(ラチャブリー)タイ……浦項スティーラーズvsラチャブリーの勝者がグループGに入る予定でしたが、江蘇FC(中国)が、運営停止により離脱、1枠空いたため、試合は開催されず、両チームともにグループGに入ります。
  • Daegu FC(大邱)韓国 VS Chiangrai United(チェンライ・ユナイテッド)タイ……ACL2021にオーストラリアチームが不参加を表明したため、グループステージから出場のオーストラリア勢の枠が空いたため、大邱FC、チェンライ・ユナイテッドがグループステージへ決定しました。

オーストラリアチーム(メルボルン・シティ、シドニーFC、ブリスベン・ロアー)の不参加及び江蘇FC(中国)の離脱で、タイの予備予選からのラチャブリー、チェンライ・ユナイテッドの2チームはグループステージへ進出。

グループステージはセントラル開催

グループステージは例年はホームアンドアウエーで開催されていましたが、新型コロナウイルスパンデミックでグループステージはタイとウズベキスタンのセントラル開催になりました。

期間:6月22日~7月7日

グループF タマサート・スタジアム(タイ)

  • BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)
  • 蔚山現代(韓国)
  • ベトテルFC(ベトナム)
  • 上海海港 VS カヤの勝者

グループG ラジャマンガラ・スタジアム(タイ)

  • ラチャブリーFC(タイ)
  • 名古屋グランパス(日本)
  • 浦項スティーラーズ(韓国)
  • ジョホール(マレーシア)

グループH ブニョドコル・スタジアム(ウズベキスタン)

  • ガンバ大阪(日本)
  • 全北現代(韓国)
  • タンピネス・ローバース(シンガポール)
  • チェンライ・ユナイテッド(タイ)

グループI ロコモティフ・スタジアム(ウズベキスタン)

  • 川崎フロンターレ(日本)
  • 広州恒大(中国)
  • ユナイテッド・シティ(フィリピン)
  • 大邱FC(韓国)

グループJ ブリーラム・スタジアム(タイ)

  • ポートFC(タイ)
  • セレッソ大阪(日本)
  • 広州FC(中国)
  • 傑志(香港)

バンコクで試合があるので是非観戦に行きたいですが、コロナウイルスパンデミックで無観客かもしれません。

コメント