2021ACLグループステージの結果と順位表

バンコクのラジャマンガラ・スタジアムサッカー

タイとウズベキスタンでセントラル開催中

6月22日~7月7日タイとウズベキスタンでセントラル開催です。タイからは4チーム出場していて、バンコクのタマサート・スタジアム・ジャマンガラ・スタジアム、ブリーラム・スタジアムで開催中ですが、コロナパンデミックで無観客試合です。

各組1位の10チームと、A~E組(西地区)の2位のうち成績上位3チーム、F~J組(東地区)の2位のうち成績上位3チームの計16チームが決勝トーナメント進出。

グループF タマサート・スタジアム(タイ)

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1蔚山現代(韓国)933006
2BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)632013
3ベトテルFC(ベトナム)331022
4カヤ・イロイロ(フィリピン)03003-11

第1節 6月26日:BGパトゥムU・U 4-1 カヤ・イロイロ
第2節 6月29日:蔚山現代 2-0 BGパトゥムU
第3節 7月2日:BGパトゥムU・U 2-0 ベトテルFC

BGパトゥムUは現在2位に着けています。2位の上位チームで決勝トーナメントに進むチャンスはあります。

グループG ラジャマンガラ・スタジアム(タイ)

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1名古屋グランパス(日本)15550012
2浦項スティーラーズ(韓国)1053114
3ジョホール(マレーシア)35104-6
4ラチャブリーFC(タイ)15014-10

第1節 6月22日:浦項スティーラーズ 2-0 ラチャブリーFC
第2節 6月25日:ラチャブリーFC 0-1 ジョホール
第3節 6月28日:ラチャブリーFC 0-4 名古屋グランパス
第4節 7月1日:名古屋グランパス 3-0 ラチャブリーFC
第5節 7月4日:ラチャブリーFC 0-0 浦項スティーラーズ

ラチャブリーFCは勝ち点1で4位で決勝トーナメントに進むチャンスはありません。名古屋グランパスは決勝トーナメントに進出。

グループH ブニョドコル・スタジアム(ウズベキスタン)

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1全北現代(韓国)10431014
2ガンバ大阪(日本)641302
3チェンライ・ユナイテッド(タイ)541210
4タンピネス・ローバース(シンガポール)04004-16

第1節 6月25日:全北現代 2-1 チェンライ・ユナイテッド
第2節 6月28日:チェンライ・ユナイテッド 1-0 タンピネス
第3節 7月1日:チェンライ・ユナイテッド1-1 ガンバ大阪
第4節 7月4日:ガンバ大阪 1-1 チェンライ・ユナイテッド

チェンライ・ユナイテッドはガンバ大阪に2引き分けです。

グループI ロコモティフ・スタジアム(ウズベキスタン)

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1川崎フロンターレ(日本)9330016
2大邱FC(韓国)6320111
3広州恒大(中国)13012-12
4ユナイテッド・シティ(フィリピン)13012-15

グループJ ブリーラム・スタジアム(タイ)

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1セレッソ大阪(日本)1043106
2傑志(香港)642022
3ポートFC(タイ)44112-2
4広州FC(中国)04004-6

第1節 6月24日:傑志 2-0 ポートFC
第2節 6月27日:ポートFC 3-0 広州FC
第3節 6月30日:セレッソ大阪 1-1 ポートFC
第4節 7月3日:ポートFC 0-3 セレッソ大阪

ポートFCはセレッソ大阪にドローといい試合をしましたが、3位です。

コメント