2022 AFC女子アジアカップはベスト8が決定

バンコクのラジャマンガラスタジアムでタイ代表の試合サッカー

2023 FIFA女子ワールドカップの予選も兼ねた大会

2022年1月20日~2月6日まで、第20回目のAFC女子アジアカップがインドで開催されています。1月26日・27日にグループステージの3試合目が行われ、ベスト8(Quaterfinal)へ進む国が決定しました。

開催国のインドが新型コロナウイルスや負傷の影響により、選手の人数が確保できず大会から撤退しました。各グループ3位の成績決定方式のレギュレーションも変更になり、グループBとグループCにおいて1~3位までのチームは、最終的に4位となったチームとの試合結果とゴール数がカウントされないことになりました。

Quaterfinal(準々決勝)

  • 1月30日(日)タイ VS 日本
  • 1月30日(日)オーストラリア VS 韓国
  • 1月30日(日)中国 VS ベトナム
  • 1月30日(日)チャイニーズタイペイ VS フィリピン

タイ代表メンバー

監督:岡本 三代
監督は日本人です。選手時代はMFでなでしこリーグの岡山湯郷Belleなどでプレイしました。 2013年からセレッソ大阪堺レディースでコーチを務め、2019年に監督に就任。2021年1月22日にタイ女子代表監督に就任しました。

GK

Waraporn Boonsing(ワラポーン・ブーンシング)
Yada Sengyong(ヤダ・セングヤング)
Chotimani Thongmongko(チョティマニ・トングモングコル)

DF

Phonphirun Philawan(フォンフィルン・フィラワン)
Sunisa Srangthaisong(スニサ・スラングタイソング)
Warunee Phetwiset(ワルニー・フェトウィセット)
Amornrat Udchai(アモーンラット・ウドチャイ)
Irravadee Makris(イラバディー・マクリス)
Kanchanaporn Saenkhun(コンチャナポーン・サエンクーン)

MF

Pikul Khueanpet(ピクル・クエアンペト)
Orapin Waenngoen(オラピン・ワエンゴエン)
Nutwadee Pram-nak(ヌトワディー・プラムナク)
Silawan Intamee(シラワン・インタミー)
Nipawan Panyosuk(ニパワン・パニョスク)
Ploychompoo Somnonk(ポロイチョンプー・ソムノンク)
Chatchawan Rodthong(チャトチャワン・ロドトング)
Pitsamai Sornsai(ピトサマイ・ソーンサイ)

FW

Kanyanat Chetthabutr(カニアナト・チェタブトル)
Taneekarn Dangda(タニーカーン・ダングラ)
Saowalak Pengngam(サオワラク・ペングンガム)
Janista Chinanthuya(ジャニスタ・チナントゥヤ)

タイ VS 日本の展望

日本代表なでしこは優勝候補の筆頭です。グループステージ3試合の韓国戦は1-1のドローでした。タイ代表はグループステージ3試合目はオーストラリアに1-2で敗戦。3位通過でベスト8に進出しました。

日本代表が実力で上回りますが、タイ代表も日本人監督なので、日本のことは熟知しているでしょうから、健闘を期待したいです。

コメント