タイのスマホ事情と日本のSIMフリー解除

通信

タイの携帯通信会社はAIS・dtac・Trueの3社があります。通常タイではスマホは自分で購入し、携帯通信会社と契約します。

当然日本の様な2年縛りはありません。

ショッピングモールの家電・通信フロアーには必ず、この3社のショップとスマホメーカーのvivo、OPPO、Huawei、(中国製)Samsungなどのショップがあります。

フォーチュンタウン・サイアムMBKなどには中古のスマホのショップが軒を並べています。

iPhoneは日本と同じぐらいの価格ですが、Androidは1300TB~で買えます。

タイもiPhoneは人気はありますが、高額なので、圧倒的にAndroidの使用率が高いです。
3年前は日本でAndroidにOCNのSIMを使用していました。SIMを差し替えて使用していたので、SIMフリー対応と思っていました。

タイでAISのSIMに替えたら、通信できないのです。SIMフリー解除をして、使用できるようになりました。

タイのショップではSIMフリー解除はできない為、日本の専門家の方に頼みました。

今回はiPhone6sで、日本ではOCNのSIMに替えて使用していました。iPhoneは世界標準だからSIMを替えても問題ないと思いきや、AISのSIMで通信できませんでした。

専門家のの方にSIMフリー解除をしてもらい、使用しています。
日本で2016年以降発売の機種はSIMフリー解除が簡単にできるみたいですが。

タイでは誰でもSIMが簡単に買える時代もあったのですが、今は、プリペイドは別にして、月極の契約はワークパミットが必要になりました。

タイの方もIDカードが必要です。随分厳しくなりました。

通信会社と契約する時はタイ語のわかる人と一緒に行った方がいいです。月毎のプラン内容の確認や、キャンペーンなどはタイ語がわからないと厳しいです。海外通話も事前に申し込みが必要ですし、スマホを通信会社のショップで買うと、契約の割引サービスがあります。

私はAISで毎月上限1Gで800TBの契約です。家ではPCを使用しているので、充分です。

毎月の支払い方法は銀行引き落としではなく、SHOPの窓口か支払い用端末で支払います。

画面はタイ語なのですが、自分の電話番号を押すと、支払い額が提示され、現金かカードか選択して決済します。画面にイラストが入っているのでタイ語でも問題ありません。

日本の端末の場合、お釣りが出てきますが、タイの端末はお釣りが出てきません。お釣りはチャージ分に充てられます。支払い端末はショップだけではなく、ショッピングモールの1階や通路などにもあり便利です。

何回かショップに行ったのですが、契約などする時は整理番号もらいます。担当の人が多いので、日本の様に長時間待たされることはありません。簡単な質問などは、ショップにタブレットを持った店員が数人いて、すぐに答えてくれます。時間がかからないのがいいです。

SIMフリー解除して使用しているスマホですが、OSのアップデートが不可なので、不具合が出ると買い替えなければならないです。次はリーズナブルなAndroidです。

旅行者の方はSIMフリー解除されているスマホはSIMが使えますが、ポケットWIFIのレンタルの方が確実です。

コメント