タイのフルーツに旬がある Vol1

環境

1年中夏のタイですが、11月になって、雨季から乾季に変わり、スーパーや屋台の旬のフルーツも変わってきました。

30年前に初めてタイに旅行で訪れた時に、マンゴスチンの美味しさを堪能しました。

植物防疫法により、残念ながら日本には2003年まで輸入が解禁されませんでした。ちなみにマンゴーは1993年に解禁されています。日本で1個200円で売られていて、ビックリ。

タイでは1年中マンゴスチンが食べられると思い込んでいた私は、12月に来た時に、マンゴスチンが売られてないのにショックを受けた経緯があります。

今回は7月に来たので、スーパー、屋台に山盛りのマンゴスチンが売られているのに、思わず笑みがこぼれました。マンゴスチンを積み込んだ軽トラが、売りに周っているのは圧巻でした。

7月~10月初旬までが旬のフルーツの紹介です。

マンゴスチン 旬:5月〜8月頃
「果物の女王」と称されています。分厚い皮をナイフで切れ目を入れてパカッと割ると、白い果肉がでてきます。真ん中にはいくつか種があります。香りもよく、さっぱりとした甘さです。店頭には10月初旬ぐらいまでです。


サラ 旬:7月〜10月頃
皮がかなりトゲトゲして、剥くのが少し大変です。香りは強くドリアンに少し似ていますが、味はフルーティーでくせになります。11月初旬も売られています。

ロンガン 旬:7月〜9月頃
房状のロンコンと似ていますが、こちらは枝状。薄茶色の皮をむいて食べます。黒い丸い種があります。甘みが強く、梨のような味で、プリプリ感があります。11月初旬も売られています。


ドリアン 旬:5月〜9月頃
「果物の王様」と呼ばれています。香りがきつい為、地下鉄、ホテルに持ち込みが禁止されています。クリーミーで濃厚な味らしいですが、私は食したことがありません。

ソメオー 旬:7月〜12月頃
緑色のザボンって感じです。グレープフルーツのような味で、さっぱりしています。むいたものがパックで売られています。

ドラゴンフルーツ 通年 6月~8月が多く出荷されます
ドラゴンフルーツには2種類あります。こちらは白色ですが、赤いのもあります。半分に切って、皮は手で剥けます。味はさっぱりしています。
パパイヤ 通年 11月~1月
切ると、黒っぽい種がいっぱいです。今の時期が甘いので、3日に1回ぐらい食べています。

スイカ
 通年
赤と黄色があります。日本のスイカの様に丸ではなく、楕円形です。スイカジュースもおすすめです。

スーパーでもフルーツは買いますが、スイカ・パパイヤはカットしてくれる屋台で買います。少量で買えるし、ごみが出ません。旅行者の方もフルーツの屋台はおすすめです。

7月からのすべてのフルーツの紹介はできていません。次回ということで。

コメント