タイ チャンピオンズ カップが開催

BGパトゥムのホーム、LEOスタジアムサッカー

Buriram United(ブリーラム・ユナイテッド)VS BG Pathum United(パトゥム・ユナイテッド)

2022年8月7日PM6時、タイリーグが開幕する前のタイチャンピオンズカップが、Nakhonratchasima(ナコンラチャシマ)の80th Birthday Stadium(80周年アニバーサリー スタジアム)で開催されました。

タイ チャンピオンズ カップ

Kor Royal Cup(コー ロイヤル ・カップ)1996年、タイ サッカー協会によって設立され、2009年までタイプレミア リーグの優勝者と準優勝者の間で毎年試合が行われていました。2010年以降、トロフィーは、タイリーグT1のチャンピオンとタイのFAカップのチャンピオンの間で、シーズンの初めに毎年開催されるスーパーカップ大会に変更されました。 2017年以降は、タイ リーグT1のチャンピオンとタイの FA カップのチャンピオン間のスーパー カップは、タイ チャンピオンズ カップに名称が変更になりました。

今回はブリーラム・ユナイテッドが昨シーズンのタイリーグT1とFAカップの勝者のため、タイリーグ2位のパトゥム・ユナイテッドが対戦相手となりました。

試合結果

ブリーラム・ユナイテッド石井監督パトゥム・ユナイテッド手倉森監督で両チームとも日本人監督がチームを率いています。

7分:タイ代表のパトンポン・チャロンラットナピロムがロングシュートでネットを揺らして先制点。

ブリーラムに数回のゴールチャンスがありましたが、パトゥムのゴールキーパー、キティポン・プテチュクがファイン セーブを連発しました。
36分ブリーラムのジョナサン・ボリンギがスパチャイ・チャイデのクロスに合わせて、同点に追いつきました。ブリーラム・ユナイテッド1-1パトゥム・ユナイテッド。

38分パトゥムのイクサン・ファンディがヘディングで2点目のゴールを決めました。 ペナルティを決め 。 ウォラチット・カニツリバンフェンは、後半5分に3点目を決めて結果を封じた。

50分:ブリーラムはゴラン・コージッチがジェシーカランのファウルで退場となり、10人になります。

51分:パトゥムのウォラチット・カニツリブフェンが3点目のゴールを決めました。ブリーラム・ユナイテッド1-3パトゥム・ユナイテッド。

84分:ブリーラムのボリンギがペナルティを決めて1点を返しました。試合はそのまま終了。ブリーラム・ユナイテッド2-3パトゥム・ユナイテッド。BGパトゥム ユナイテッドが勝利し、今シーズンの開幕に弾みをつけました。

ACL決勝トーナメント

2022年8月18日 BG パトゥム・ユナイテッド(タイ) VS 傑志(香港)浦和駒場スタジアム。

コメント