バンコク バス49番のルート Map

バスルートMap

49番のバスはHua Lamphong(ファランポーン)とMochit2(モチット2)バスターミナルを往復します。

●Inbound red line:Hua Lamphong(ファランポーン)Mochit2(モチット2)バスターミナル

●Outbound blue line:モチット2・バスターミナルファランポーン

49番のバスはクーラー完備のオレンジ色のバスです。モチット2のバンコク市バスターミナルは、長距離バスのモチット北バスターミナルと隣接しています。また陸橋を渡ると2018年8月にオープンしたChatuchak Mini Bus Station(チャトゥチャック・ミニバス・ステーション)もすぐです。


多くのバスが発着するバスターミナルですので、空調は効いていませんが、屋根のある大きな休憩所がありバスの出発まで過ごせます。屋台、コンビニもあります。

49番のバスルートはモチット2バスターミナル付近とファランポーン駅の発着地の付近でルートが少し変わります。

モチット2を出発すると、Kamphaeng Phet2 Rd(ガムペーンペッ2)通りを北に進みます。Rachada(ラチャダ)通りとの交差点を左折します。

Wong Sawang Rd(ウォン・サワン)通りに入り、Sapan Rama7 Public Park(サパン・ラマ7世公園)を周回するように右折して南下します。

Pracha Rat Sai1 RdからThanon Samsen Rd(タノンサムセン)通りを南に進みます。


Ratchathewi Rd(ラーチャテーウィー)通りの手前ぐらいから渋滞します。Rama8世通りを左折します。右折するとRama8世橋です。

この周辺は観光スポットも近く、寺院も多くあります。黄金の丘と呼ばれるWat Saket(ワット・サケット)のそばを通ります。

Rama8世通りを進み、運河を超えWorachak Rdを走ります。Charoen Krung Rd(ジャルンクル)通りを左折します。この辺りはチャイナタウンです。

チャイナタウンは渋滞がひどいので一方通行です。東西に移動するときは、別の道を通ります。

22 July Circleを半周して、Rama4世通りとの交差点からタイ国鉄ファランポーン駅に入ります。


バスはタイ国鉄ファランポーン駅の裏側に着きます。ここが終点です。

タクシー、トゥクトゥクの乗場になっていて、多くの人が乗降するため、始発のバス停は駅裏の道を走り、運河沿いにあります。

▼ファランポーンのバスターミナルのMap

コメント