バンコク バス138番のルート Map

バスルートMap

138番のバスはMochit2(モチット2)バスターミナルとPhraPradaeng(プラプラデーン)を往復します。

●Inbound red line:Mochit2(モチット2)バスターミナルPhraPradaeng(プラプラデーン)

●Outbound blue line:プラプラデーンモチット2・バスターミナル


138番のバスは最新の設備完備の空色のバスと空調完備のオレンジ色のバスの2種類が運行しています。

エキスプレスバスで途中、高速道路を走行します。通常のバスの運賃に高速代がアップされます。

138番のバスルートはモチット2バスターミナル付近とプラプラデーンの発着地の付近、MRT Kamphaeng PhetKamphaeng Phet(ガムペーンペッ)駅付近でルートが少し変わります。

モチット2バスターミナルを出発すると、136番のバス同様にKamphaeng Phet2 Rd(ガムペーンペッ2)通りを南下します。JJモールの前を通りKamphaeng Phet Rd(ガムペーンペッ)通りの交差点を左折して、チャットチャック・マーケットの横を通ります。


MRTガムペーンペッ駅の番出口から出たところにオートーコー市場があります。バンコクの中で一番高級な市場ですが、新鮮な魚介類、果物、野菜が豊富ですし、通路も広く綺麗で清潔感のある市場です。

Phahon Yothin Rd(パホンヨーティン)通りを北東に向かい、MRTの延伸工事中で、いつも渋滞が厳しいMRTパホンヨーティン駅のロータリーを右折して、通りを南下します。

高速が上を走るVibhavadi Rangsit Rd(ビババディ・ランシット)通りを南に進みます。タイリーグのアーミーユナイテッドのホーム、タイアーミー・スポーツスタジアムの横を通り、ディーンデーンの交差点の手前で、高速道路に入ります。

Chalerm Maha Nakhon Expy(チャロームマハナコーン高速道路)を走り、BTS、クロントーイを超え、Rama3世道路の上を走行します。チャオプラヤ川を渡り、Rat BranaのSuk Sawat Rd(スクサワット)通りで高速を降ります。

高速道路を走行するので、さすがに短時間で到着します。

Nakhon Kuan Kan Rd(ナコンクァンカン)通りで左折します。


しばらく走ると終点です。上記画像のバスが走つている通りがナコンクァンカン通りです。寺院もあり、商店が並んでいて活気があります。

バスを降りて歩くとBhumibol Bridge1・2(プミポン橋1・2)を眺めることができます。

また対岸のサムットプラカーンに水上ボートが出ています。対岸は見えている距離ですが、バイク専用の水上ボートもあります。


橋の上が強風で、安全上の理由から、バイクは2018年11月1日からプミポン橋1・2の通行の使用を禁止になりました。運賃はサムットプラカーン側で徴収されます。2TB。

斜張橋の美しいフォルムの橋です。

バンコク Bhumibol Bridge1・2プミポン橋に行く
に詳しくアップしています。

▼プミポン橋2のMap

コメント