バンコク バス82番のルート Map

バスルートMap

82番のバスはSanamluang(サナーム・ルアン)とPhraPradaeng(プラプラデーン)を往復します。

●Inbound red line:Sanamluang(サナーム・ルアン)PhraPradaeng(プラプラデーン)

●Outbound blue line:プラプラデーンサナーム・ルアン


82番のバスは空調なしのバスです。発着のバス停に何台も並んでいます。
82番のバスルートはサナーム・ルアン付近とプラプラデーンの発着地の付近、チャオプラヤ川を渡る橋付近でルートが少し変わります。

このバス停からBhumibol Bridge1・2(プミポン橋1・2)まで徒歩で10分ぐらいです。

バス停を出発すると、Nakhon Kuan Kan Rd(ナコンクァンカン)通りを走り、Suk Sawat Rd(サクサワット)通りで右折します。

サクサワット通りから道なりにPhra Chao Tak Sin Rd (ソムデット・プラチャオ・タクシン)通りを走行します。

この通りは渋滞もなくスムーズに走行します。


BTSの下を超えて、Wongwian Yai(ウォンウィエン・ヤイ)のロータリーを半周します。

タークシン王の銅像のあるロータリーで晩はライトアップされます。ロータリーの周りはショッピングモールなどもあり、にぎやかです。

ロータリーを周り、Prajadhipok Rd(プラチャトック)通りを進み、Memorial Bridge
(メモリアルブリッジ)を通ってチャオプラヤ川を渡ります。

サナーム・ルアンから来るときは、Phra Pokklao(プラ・ポック・クラオ)橋を渡ります。行きと帰りで渡る橋が異なります。

メモリアルブリッジを渡り、パーククローン花市場の前を通り、ワット・ポーの横を通ります。

パーククローン花市場は24時間営業の卸し市場です。タイの寺院、祠などにお供えする、プアンマーライ(花数珠)を多くの方が作られています。

Chakkraphet Rdを渡ると、切り花の卸しの花市場があります。Chakkraphet Rd沿いも花屋さんが並んでいます。バラの花束が50本で100TBでした。

Wat Pho(ワット・ポー)はバンコク3大寺院のひとつです。涅槃の仏像が有名で、いつも多くの観光客で賑わっています。

王宮、Wat Phrakeaw(ワット・プラケオ)の横を通り、Sanam Luang(サナーム・ルアン)が終点です。

王宮周辺はバンコクの人気の観光スポットです。特にワット・プラケオは寺院に入るのに行列ができています。

▼Sanam Luang(サナーム・ルアン)のMap

コメント