タイ 2022年10月1日からビザなし入国で45日間滞在できます

ビザのイメージビザ

ビザなしは2022年10月1日~2023年3月31日まで期間限定

2022年8月19日、タイのCovid-19状況管理センター(CCSA)のスポークスマンは、新型コロナウイルス(Covid-19)からの制限を緩和するにつれて経済回復を支援するために、2022年10月1日から2023年3月31日までの期間限定で、外国人観光客のビザなしの滞在を現在の30日から45日まで滞在期間を延長することを許可すると述べました。日本人も対象です。滞在の延長は、観光客の支出を増やし、経済を復活させ、コロナウイルスのパンデミックによる影響を軽減するのに役立ちます.

到着ビザ

18の国・地域から到着ビザでタイに入国する外国人は、最大30日間(現在15日間)で滞在期間が2倍になります。現在30日間を取得している50以上の国・地域から来た人は、最大45日間滞在することができます。10月から、インド、中国、サウジアラビアの国民に適用される到着ビザの期間を15日から30日に延長します。

海外からの観光客数

昨年、新型コロナウイルスのパンデミックにより、外国人到着者はわずか428,000人でした。政府は8月初め、海外からの観光客を4月の610万人と予測と比較して、今年は1,000万人の訪問者が見込まれています。来年の訪問者数は 3,000万人に増加すると見られていますが、Covid-19が広がる前の年にタイを訪れた4,000万人にはまだ及びません。

Covid-19状況管理センター (CCSA) は病気に対処する機関ではなくなります

CCSAのスポークスマンは2022年8月19日、10月からこの病気は首相が議長を務めるCCSAではなく、公衆衛生省と県の伝染病委員会の緊急オペレーションセンターの下にあると述べました。

11月からは、県の委員会だけがこの問題を扱う機関となります。感染した人々は、医療サービス部門のガイドラインに従って隔離されるだろうと彼は述べました。目標は、人々がCovid-19と安全に共存し、通常の生活を送ることができるようにすることです。

コメント