LEOプレシーズンカップ ポートVSナコンラチャシマーの試合観戦

リオプレシーズンカップPortサッカー

LEO Pre-Season Cup 2020は16チームが対戦

リオプレシーズンカップ
1月18日から2月1までの開催で、タイリーグはChai Nat FC(チャイナート)、Udonthani FC(ウドンターニ)、Chiangmai FC(チェンマイ)、Chiangrai United(チェンライ)、MUANGTHONG UNITED(ムアントン)、PT Prachuap FC(PTプラチュワップ)、Rayong FC(ラヨーン)、Port FC(ポート)、BG Pathum United(BGパトゥム)、Khonkaen FC(コンケーン)、Nongbua Pitchaya FC(ノンブア・ピチャヤ)、Nakhonratchasima FC (ナコンラチャシマー)、の12チーム。海外から4チームでセレッソ大阪U23、ラオス・トヨタ、シンガポール、カンボジアの計16チームが参加します。

各地のスタジアムで開催されていて、決勝はBGパトゥムのホームLEOスタジアムです。
先日のACLの予備予選は平日にも関わらず、多くのサポーターが詰めかけていましたが、今日はPM6時キックオフで、のんびりとしていました。

リオプレシーズンカップPort

この大会はLEO BEERがスポンサーで、入場料も無料です。チケット売場の前にも飲み物の屋台が出ています。テレビはTrue4Uでライブ放送しています。

試合前、メインスタンドにポートのオーナー、マダム・ペーンが挨拶をします。本当に美人の方です。

前半

リオプレシーズンカップPort
ポートは2日前にACLの予備予選の試合をしており、今日はターンオーバーでメンバーを替えています。

2分  ポート、試合早々シュートチャンスは枠を外れます。
6分 ポート、コーナーのチャンスは枠を外れます。

20分 ポート、フリーキックのチャンスは中に合わず。
23分 ボート、フリーキックからのシュートはゴールポストに当たり、こぼれ球をGoal。
ポート 1-0 ナコンチャラシマ。

32分 ボートのミドルシュートはキーパーが難なくキャッチ。
アディショナルタイム1分。ポート 1-0 ナコンラチャシマーで前半終了。

後半

リオプレシーズンカップPort
ガラガラのスタジアムですが、ハーフタイムの頃にはぽつぽつとサポーターも来ています。熱血アポーター(ウルトラス)は少なかったです。

50分 ナコンラチャシマーコーナー、シュートは惜しくも枠を外れます。
54分 ボート、シュートは枠を外れます。
57分 ボート、左サイドを崩してのマイナスパス。シュートに持ち込めず。

68分 ボートのシュートは枠に飛びません。
81分 ボートの10番のシュートはバーを叩き、こぼれ球を再度のシュートは枠を外れます。

87分 ボート、クロスに合わせて、何度もシュートチャンスを決められなかった5番の選手がGoalを決めます。ポート 2-0 ナコンラチャシマー

アディショナルタイム3分。ポート 2-0 ナコンラチャシマーで試合終了。

試合後記

リオプレシーズンカップPort
タイリーグでは試合終了後、選手は先ず対戦チームのサポーターの所に挨拶に行きます。ナコンラチャシマーの選手達がメインスタンドに挨拶に来ました。ポートのサポーターも拍手で迎えます。その後に自分たちのサポーターの所に行きました。

同様にポートの選手達も先ずナコンラチャシマーのサポーターの所に挨拶に行きます。
対戦チームへのリスペクトが感じられていい光景です。欧州サッカーでは見ることはありませんが。

次試合は1月26日 PM7時からセレッソ大阪U23との対戦です。

Port FC PATスタジアムのMap

コメント