バンコク バス29番のルート Map

バンコク29番のバスルートバスルートMap

29番のバスはHua Lamphong(ファランポーン)とRangsit(ランシット)を往復します。

●Inbound red line:Hua Lamphong(ファランポーン)Rangsit(ランシット)
●Outbound blue line:ランシット ファランポーン

バンコク29番のバス
29番のバスはクーラー無しの通称赤バスとクーラー完備の車体が黄色のバスの2種類が運行しています。29番のバスはランシットとファランポーンの発着地の付近で少しルートが変わります。

Hua Lamphong(ファランポーン)を出発

タイ国鉄ファランポーン駅は多くの人が乗降するため、始発のバス停はの駅の裏の運河沿いにあります。駅をぐるりと周ってRama IV Rd(ラマ4)通りに出て東へ進みます。Phayathai Rd(パヤタイ)通りで左折して北へ進みます。

Phayathai Rd(パヤタイ)通り

バンコクサイアムのMBK
タイの名門大学チェラロンコン大学の横を通り、Rama1世通りと交差点を超えて北へ進みます。この交差点の南西にMBK、南東にバンコク芸術文化センター、北東にサイアム ディスカバリーがあり、BTSサイアム駅から直結しています。この辺りはいつも渋滞しています。

バンコク戦勝記念塔バス乗り場
BTSの高架の下を北へ進みます。Ratchathewi(ラチャティーウイ)、Phaya Thai(パヤタイ)、Victory Monument(戦勝記念塔)、Sanam Pao(サナムパオ)、Ari(アリ)、Saphan Khwai(サパンクハァイ)、Mo Chit(モチット)駅の下を運行し、Phahon Yothin(パポンヨティン)の交差点でVibhavadli Rangsit Rd(ビババディ・ランシット)通りに入ります。

この間は渋滞していますから、BTSを利用する方が便利です。

Vibhavadli Rangsit Rd(ビババディ・ランシット)通り

バンコク現代美術館
道なりにバンコク現代美術館の横を北へ進みます。ポリステロのホーム、ブンヤジンダー・スタジアムを過ぎて少し走るとLak Si(ラクシー)の交差点です。交差点のすぐ近くにカセサートのホーム、TOTスタジアムがあります。

タイ現代美術館

MOCA タイ現代美術館は2012年にオープンした、タイの現代・アートシーンで欠かせない作品を一挙に見ることができる美術館です。吹き抜け部分に天然光が差し込む設計で、天井が高く、ゆったりとしたスペースにレイアウトされています。

さらに北へドンムアン空港の横を進みます。ドンムアン空港へはA1・A2のバスが便利です。空港前のバス停は乗降客が多いです。

さらに北へ進むとPhahon Yothin Rd(パホンヨーティン)通りと合流します。

Phahon Yothin Rd (パホンヨーティン)通り

ランシットの歩道橋
合流して北へしばらく進むと巨艦ショッピングモールCentral Future Park Rungsit(ヒューチャ―パーク)のあるランシットです。バスは左折して少し西へ進みスチャート市場が終点です。ヒューチャ―パークに行く場合は左折してすぐ降ります。また交差点の向かい側にある為、上記画像の歩道橋を渡ります。

Central Future Park RungsitのMap

コメント