2021ACL決勝トーナメントが開催

バンコクのラジャマンガラ・スタジアムサッカー

タイBG Pathum Unitedが参戦

グループリーグの各組1位の10チームと、A~E組(西地区)とF~J組(東地区)の2位のうち成績上位3チームが決勝トーナメントに進みました。タイはBG Pathum United(パトゥム・ユナイテッド)、Ratchaburi Mitrphol FC(ラチャブリー・ミッポン)、Chiangrai United(チェンライ・ユナイテッド)の3チームの内、BGパトゥム・ユナイテッドのみ決勝トーナメントに進みました。

東地区

●9月13日(月):エステグラル(イラン)0-2 アルヒラル(サウジアラビア)ドバイ
●9月14日(火):イスティクロル(タジキスタン)0-1 ペルセポリス(イラン)ドゥシャンベ
●9月14日(火):アルナスル(サウジアラビア)1-0 トラークトゥール(イラン)ドーハ
●9月14日(火):シャルジャ(UAE)1-1(PK4-5)アルワフダ(UAE)シャルジャ

西地区

●9月14日(火): 名古屋グランパス 4-2 大邱FC(韓国) 豊田スタジアム
●9月14日(火): 蔚山現代(韓国)0-0(PK3-2) 川崎フロンターレ 蔚山
●9月15日(水): 全北現代(韓国)1-1(PK4-2) BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)
●9月15日(水):セレッソ大阪 0-1 浦項スティーラーズ(韓国)ヤンマースタジアム

全北現代 VS BGパトゥム・ユナイテッド

BGパトゥムユナイテッドはアウエー韓国で試合を行いました。前半から全北現代がゲームをコントロールしていました。ハーフタイム直前に先取点を上げます。
全北現代 1-0 BGパトゥム・ユナイテッド

後半76分:ティーラシン・ダンダが同点に追いつき、 全北現代 1-1 BGパトゥム・ユナイテッド 延長戦に突入します。

PK戦となり、全北現代のゴールキーパーのソン・ボムグンは、 BGパトゥム・ユナイテッドのサーラット・ユーイエン選手とチチャノク・ザイセンソウリントーン選手のキックを止めました。PK4-2BGパトゥム・ユナイテッドはベスト8に進むことはできませんでした。

BGパトゥムは、DFのビクトル・カルドゾとアンドレス・トゥニェス、エースFWのディオゴ・ルイス・サントの3人のキープレーヤーが負傷で欠場。Covid-19の旅行制限のためにオーストラリア人のAurilioVidmarコーチは韓国に行くことができませんでした。

Quarter finals

西地区

●10月16日(土):アルワフダ(UAE)VS アルナスル(サウジアラビア)
●10月16日(土):ペルセポリス(イラン)VS アルヒラル(サウジアラビア)

東地区

●10月17日(日):全北現代(韓国)VS 蔚山現代(韓国)
●10月17日(日):浦項スティーラーズ(韓国)VS 名古屋グランパス

コメント