女子ワールドカップ ベスト8が決定しました

サッカー

FIFA女子ワールドカップ フランス2019は決勝トーナメント1回戦が開催され、ベスト8が決定しました。

ROUND16の結果

日時チーム名スコアーチーム名
6/23(日)ドイツ女子3 – 0ナイジェリア女子
6/23(日)ノルウェー女子1 – 1(PK4-1)オーストラリア女子
6/24(月)イングランド女子3 – 0カメルーン女子
6/24(月)フランス女子2 – 1ブラジル女子
6/25(火)スペイン女子1 – 2アメリカ女子
6/25(火)スウェーデン女子1 – 0カナダ女子
6/26(水)イタリア女子2 – 0中国女子
6/26(水)オランダ女子2 – 1日本女子

ベスト16のチームの地域内訳はヨーロッパ8チームでドイツ・ノルウェー・イングランド・フランス・スペイン・スウェーデン・イタリア・オランダ。北中米2チームでアメリカ・カナダ。アジア3チームでオーストラリア・中国・日本。南米1チームでブラジル。アフリカ2チームでナイジェリア・カメルーン。

ROUND16の結果、ベスト8は7チームがヨーロッパ、アメリカです。

ヨーロッパのチームの力が飛び抜けています。1991年にスタートした女子W杯は今回で8回目ですが、ベスト8にアジアの国がいないのは、今回が初めてです。

日本はオランダと対戦し、1-2で負けました。オランダは昨年の欧州チャンピオンです。グループリーグを2位通過、強豪チームとの対戦になりました。

オランダに先制されたものの同点に追い付き、後半はオランダを押し込みましたが、試合終了間際のハンドでPKを献上しました。

VARシステムの導入によって、PKを取られるケースが増えました。ペナルティーエリアでの守備の方法も変化しています。日本ではJリーグもVARシステムは導入されていません。

FIFAの大会はVARシステムが導入されているので、リーグ戦からVARに慣れるのも必要かと思います。

2大会前のW杯で日本は優勝しましたが、その時のチームの選手達はMVPの澤選手をはじめ、能力の高い選手が揃っていました。また欧州のチームが男子と比較して女子に力が注がれていませんでした。8年の間にクラブチームが女子チームを持ち、大きく変化しました。

男子の強豪国、イングランド、スペイン、イタリア、オランダの女子チームも8年前とは全く異なります。プロ化も見越して大きな課題が残りました。

コメント